シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】アイリッシュ・ハープ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

41 :14=21:02/11/12 14:02
10年程前、知人から(又聞きではなく)直接聞いた話です。

Sさんは日本人ながら、
今ではアイルランド本国でも殆ど演奏する人の居なくなった、鉄弦のアイリッシュ・ハープを独学でマスターし、
プロの演奏家として活躍しておられます。(現在のハープはナイロン弦が大半)
当時Sさんは、何とアイルランドから演奏の要請を受けました。
その際、この国最後の吟遊詩人にして17世紀の伝説のハープ奏者、オカロランに敬意を表し、
その墓前で一人ハープを演奏しました。
するとその途端、右の肩に何かが「ズシン」と乗ったのだそうです。
Sさんは、
「これが、もしオカロランに憑かれたのであって、
突然、素晴らしい演奏が出来る様になったのなら、それはそれで良いな」
と思いました。
が、全くそういう様子は無く、
アイルランドに居る間、ただもう肩が重くてだるくて仕方がないだけだったそうです。

それが、帰国の為の飛行機がまさにアイルランドの地を離れたその瞬間、スッと離れて軽くなったそうです。
何かが乗った気配は消えても、帰国後2ヶ月位は肩が凝って仕方がなかったそうです。

42 :14=21:02/11/12 14:05
ちなみに私は若い頃、本当に小食でガリガリに痩せていたのですが、
12年前に冬のアイルランドを旅行して以来、別人の様に大食いになってしまいました。
この国は19世紀に大飢饉があり、100万人以上の方が飢えで亡くなっているので、
「何かに憑かれたのかも」と思う事があります。
(寒い所を歩き回るには食べなければ体がもちませんし、それをきっかけに胃が広がっただけだとは思いますが)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『【洒落怖】アイリッシュ・ハープ』へのコメント

  1. 名前:エヴァーズマン 投稿日:2016/04/05(火) 12:32:14 ID:762b86221 返信

    アイルランドの民謡にミンストレルボーイと言うのがある。
    The Minstrel Boy to the war is gone
    In the ranks of death you will find him;
    His father’s sword he hath girded on,
    And his wild harp slung behind him;

    詩人は戦争に行ってしまった
    彼はきっと死んでしまうだろう
    父親の剣を腰に差し、ハープを背負って

    “Land of Song!” said the warrior bard,
    “Tho’ all the world betrays thee,
    One sword, at least, thy rights shall guard,
    One faithful harp shall praise thee!”

    「歌の国よ!」
    戦士たる詩人が言った
    「世の中の全てが汝(なんじ)を裏切ろうとも
    その1本の剣が汝を守り
    その忠実なハープが汝を讃えるだろう」

    The Minstrel fell! But the foeman’s chain
    Could not bring that proud soul under;
    The harp he lov’d ne’er spoke again,
    For he tore its chords asunder;

    詩人は捕らわれた
    しかし敵兵の鎖をもってしても
    彼の気高き魂は屈しなかった
    彼が愛したハープは二度とその音を発することはなかった
    なぜなら彼が弦をすべて引き裂いてしまったから

    And said “No chains shall sully thee,
    Thou soul of love and brav’ry!
    Thy songs were made for the pure and free,
    They shall never sound in slavery!”

    そして言った
    「どんな鎖も汝をけがすことはできない
    愛と勇気に満ち溢れた汝の魂を
    汝の歌は純粋で自由な心に
    屈従の下で響き渡ることなし」

    ブラックホークダウンのエンディングでストラマーのカバー曲が収録されてる。