シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ほんのり怖い話】心理テストの結果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

953 :本当にあった怖い名無し :2006/11/06(月) 05:25:43 ID:zQYMKdsC0
ある集団で実施されたゲームです。良ければ皆さんも試してください。

心理テストが流行していた当時、結局あまりアテにも出来ないゲームのようなものだ、ということがわかりました。
そういう話題を踏まえたうえで、信憑性のある心理テストはどういうのがあるのか、そして何の役にたつのか。

ある日、俺を含むその集団に紙切れが配布されました。
「誰にも見せないように。相談して書かない様に。内容を他の人に公表しないように」
と、紙切れを配布した人は全員に注意を促しました。

「では、その紙切れに、自分が一番なりたくない職業をかきなさい」

我々は記入し、四つ折にして記入した文字が見えないようにしました。
紙切れは回収され、40数名の『一番なりたくない職業』が無記名で発表されました。
一番『売春婦』。二番『ヤクザ』。三番『汲み取り屋さん』。
他には保険のセールス、キャバレーの呼び込み。
変わったところでは医者、芸能人、露天商などがありました。

これは実は潜在意識のテストで、ゲームではありませんでした。
一番なりたくない職業。
実はそれは、潜在意識で『なってみたい職業』だったのです。

これをやると厄介な事に、意識にすりこみが発生します。
「自分は、実はヤクザになりたいのか・・・」等です。
実際、このゲームをしてから数年経ちますが、一人ヤクザになりました。
その人は紙切れに『ヤクザ』と記入していました。

その後、五十問の意識調査が行われましたが、覚えているのは最初に行われたこの心理テストだけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク