シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】老舗の旅館

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
th_file0001005069678

357 :可愛い奥様:2011/10/06(木) 19:51:05.88 ID:KN7Rr42p0
新婚旅行で伊豆に泊まった。
旅行社にコーディネートしてもらった老舗のお宿で、今は違う系列の会社が新しく立て直したホテル経営。
当時、新婚旅行ということで角部屋の素敵なお部屋に、錦糸を縫い合わせたお布団まで用意してくださった。
そして、内風呂。タイルが斬新な赤。お手洗いは内風呂と一体になっている。
知っている人はここまでで旅館が特定できるくらい、昭和の老舗だった。

もちろん広々とした外の温泉を使い、眠ろうかなというとき、お風呂場から水の流す音が聞こえる。
電気をつけて確認したけど、なにもないし。
それから眠ったけど、しばらくしてお手洗いに立つと「私はここで死にました」と囁き声が聞こえた。
眠れない!
しばらくしてお手洗いに立った夫が、これまた眠れない様子。
お互い何も聞かずに、「眠れないよね、部屋、悪いよね」と。
二人でしっかり手を握って、フロントにまでエレベーターで下りていきました。
大旅館なので、即座に部屋を変えていただきました。

.

翌日に笑い話として仲居さんに、
「あの部屋に不倫のカップルが泊まって、女性だけがお風呂場で亡くなったのだけど、まさか新婚さんの邪魔をするなんて。
でも、部屋は絶景だったでしょう」
と言われました。
お代はこちらが何も言わないのに、旅行社を通じて返金されました。

ちなみに夫が耳元で聴いた声は、
「あなた、わたしと一緒に行こうよ」
結婚五周年記念に教えてもらいました。

今は笑い話、というかギャグ。

361 :可愛い奥様:2011/10/06(木) 21:00:15.03 ID:3dbwp5kO0
>>357みたいなのを昔、遠藤周作がエッセイに書いてたな。
三浦朱門(だったかな?)と旅館の同室に寝ていたら、
誰かが夜中に耳にべったり口をつけて、「俺はここで死んだのだ…」と何度も何度も言うっていう体験談。
いやな夢だなぁと思って、眼を覚ました三浦朱門に「こんな変な夢みた」って話したら、
「俺はさっきから目が覚めるたびに、お前のふとんの横に男が座ってるのを見てた」って。
そんでふたりで「夢じゃないじゃん!」って腰抜かして四つん這いで逃げたって話。

なんかさー、霊さんもそういうのいちいち言いに来られても困るよねw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク