シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】握り飯とカーデガン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

805 : saga:04/10/04 01:50:55 ID:haCE9TbV
うちのばあさまが亡くなった時の話。

姉と親戚の子がお通夜の時に、線香を絶やさないよう番をしていた。
2人ともばあちゃん子で、一晩中亡くなったばあさまに話しかけてた。
その時、ばあさまがあの世で寒くないように、愛用のカーデガンと握り飯を懐にこっそり入れた。
もちろん誰も入れたことを知らない。

葬式&火葬が終わって、親戚一同が一旦本家に戻った時の事。
親戚の叔母さんが厠から帰ってくるなり、「暗い」「ここはどこな?」を連発。
「ばあちゃん?」
「○子な?どこな?ようわからん」
「大丈夫?迷っちゃいかんよ」
「○子(うちの姉)と○子が握り飯とカーデガン持たせてくれたけん、寒くないし腹もへっとらん」
「光が見える方にいかなならんよ」
「あっちに行けばいいと?わかった・・・」
で、叔母さんバタン。

叔母さんの話では厠で座った時、目の前にばあさまの足が見えたそうな。その後の記憶なし。
んでもって、姉たちの握り飯の件がばれる。
ばあさま、ちゃんといけたかな?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク