シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】迎えにくる猫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 13:45
俺のばあちゃんが子供だった頃、家で猫を飼ってたらしい。
で、ばあちゃんの父ちゃん(以下ひいじいさん)が畑仕事から帰る時間になると、
決まってその猫が迎えに行ってたんだと。

ある日、いつもの時間よりだいぶ遅くなってから、猫が迎えに来たことがあった。
ひいじいさんは猫に向かって、
「今日は随分遅かったなぁ。心配したぞ」と、何となく言ったそうだ。
すると驚いたことにその猫が、
「今日はおじやが熱くて食べるのに時間かかった」とつぶやいたそうだ。

家に帰って、ばあちゃんの母ちゃんに、さっきの話しは伏せておいて、
「猫が来るのが今日は遅かったなぁ」と、それとなく言ってみると、
「あぁ、今日はおじやが熱かったみたいで、随分食べるのに時間かかってたみたいで」
と、猫が言ったことと全く同じ答えが返って来たそうだ。

それ以来、何だか怖くなったひいじいさんは、その猫ににぎり飯を背負わせ、
「おまえは多分、化け猫だ。人間とは一緒に暮せねえ。元気で暮せ」と、山に捨てたと言うことだ。

その話を聞くたびに、猫が可愛そうで納得がいかなかった。

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 13:51
面白い!
化け猫ならきっとうまく暮らしていってるよ。

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 13:55
>>19
それって作り話だろ。

23 :20:03/04/05 14:07
>>21 thx。

>>22 まぁ俺も、ひいじいさんが猫を捨てる口実を作ったんだろうとは思う。
ばあちゃんはマジメに信じてるみたいだが。
ばあちゃんが言うには、一般的な猫よりふた周りほどデカくて、
何よりそれまで(文字通り)猫可愛がりしていたひいじいさんが、急にある日を境に猫を避けるようになり、
とうとう山に捨てたっつーのが解せない、と今でも力説してるよ。

24 :(@’ω’@) ◆ozOtJW9BFA :03/04/05 14:08
>>20
御迎えにきてくれる良い猫なんだから、化け猫でもいいじゃん!!

25 :20:03/04/05 14:16
>>24
うん。ばあちゃんは泣いて止めたらしいけど。
その後、すぐに他の猫(のら猫だったやつ)を飼い始めたらしい。
ソイツは至って普通の猫で、最期まで看取ったらしいよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク