シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ヤクザの怖い話】ヤクザハウス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

当時、小学5年の俺と子分のA、Bで探検に行った。
ヤクザハウスは2階建の立派な日本家屋だった。

けれど、今は荒れ果ててひどい有様。
ゴミやジュースの缶が散乱していた。
埃っぽい。

1階をグルッと見て、3人で2階へ。
階段の途中で、突然、下からの物音が聞こえた。

バン!
ドンドンドンドンドンドンドン!

ドアの開く音がして、荒っぽい足音が玄関の方へ。
「誰かおる!」
ビビりながらも下へ。

さっきは無かった油っぽい足跡が、玄関まで続いてる。
それを辿って、開いているドアを見つけた。

階段の裏側。
見逃してた。

「A、覗いてこい。」
そーっと覗いたAが立ち竦む。

「大丈夫か~」
慌てて、2人でかけよる。
俺とBも部屋の中を見た。
唖然とした…

無数の写真。
部屋にはそれしか無い。
家具もない。
写真は、壁や窓、ドアの裏にもベタベタ貼られている。

風景。
建物。
男や女。
車。
血塗れヤクザ。

「気色悪ぅ~」
Bが呟いた。
そして俺は気づいた。

俺たちの写真があることに…
いつの間に撮った…?
いつ現像した…?

スポンサーリンク