シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】アウシュビッツと音楽家たち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
grim-reaper-656083_640
過去の人気記事

113: 本当にあった怖い名無し 2012/06/08(金) 04:58:45.69 ID:g/TBgNi5P
NHKのドキュメンタリー
死の国の旋律~アウシュビッツと音楽家たち

ナチスはユダヤ人たちを速やかにガス室に送るため、
収容された音楽家たちに楽隊を組ませ、
ガス室までの道のりに陽気な音楽を演奏させていた

.

ドキュメンタリーの対象の老婆はその楽隊の生き残り
同胞のユダヤ人たちからはナチスの協力者として裏切り者扱いされているため
生き残りの楽隊仲間たちとだけ時折集い、ひっそりと暮らしている
老婆は開放されてからも音楽を聞くことすらできず、
アウシュビッツ跡地を訪れる時だけ心が安らぐと話していた

どんな気持ちで明るい音楽を奏でていたのかと思うと、、
今でも他のユダヤ人からは阻害される、それも理解できるだけにやりきれん
他のユダヤ人にとっては開放はあったかもしれないが、
楽隊員たちは開放されてからもずっと地獄の中にいるんだろうと思う

スポンサーリンク