シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ホラーテラー】知らないほうがいいこともある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

久しぶりに田舎の実家に帰ろうと思いたち、電話をかけてみた。
電話に出たのは父だった。
『おう、どうした?』
「明日明後日と急に休みになったから、帰ろうと思うんだけど」
『分かった。母さんにも言っておくよ。気を付けて帰っておいで』
こころなしか嬉しそうだった。

実家は三方を山で囲まれた場所にあり、車で片道一時間半の道程だ。
村の入口まで来た時に懐かしい顔が居た。幼なじみの友人だ。
「久しぶりだな、帰ってきたのか?」
「少し休みが取れたんだ。お前ん家近くだっけ?とりあえずウチまで乗ってくか?」
「ありがとう!わるいな」
村の入口から家までは五分ぐらいだが、その間に友人と思い出話等をしてた。

家に着いた。
「ただいまー!」
父が出てくる。でも何故か無表情。そして視線が定まってない。
「おかえり。早速だが、山の広場で祭りをするから行ってきなさい。友達も一緒に」
抑揚のない喋り方に違和感を覚えたが、友人が「行こうぜ行こうぜ」とウルサイのですぐ行くことにした。

あれ?でもあの広場は昔から「入るな!」と厳しく言われてたような…
と思いつつも山の麓へ着いた。
友人が駆け上っていき、俺も後を追った…
そして広場に到着した。
そこは林が開けたような場所で、一番奥には神社のような建物があった。
あたりは静まり返り、日が沈んできたのも相まって不気味だった。
「祭りなんてやってないじゃないか」なんて話していると、
目の前の神社のような建物から神主(?)が出てきた、と思ったら、
目を閉じながら大声で不可解な言葉を発しだした。
太鼓や笛の音も聞こえてきた。
それと同時に、木の影からゾロゾロと人影が現れる。
みな奇妙な仮面を付け、派手な衣裳を身にまとっている。
そいつらは俺達を囲むように輪になったと思ったら、
松明に火を灯し、踊りはじめた。早送りを見てるかのような奇妙な踊りを…
目の前の異様な光景に寒気を覚え、友人に「おい、帰るぞ!」と言ったが、
友人は目を輝かせながら踊りを楽しそうに観ている。
輪の一部が手薄な場所を発見。
友人に「おい走るぞ!」と声を掛け、そこ目がけてダッシュした。

一目散に走り、ようやく村まで戻ってきた。
友人は…付いてきていない…
助けに戻る勇気が無い俺は、父親に助けを求めに家まで走る。

家に着くと父が玄関先に立っていた。
「親父!大変だ!アイツが!アイツが!」
しかし父は、
「どうやら無事に終わったようだな」と笑顔を見せる
「…え?…何が?」
状況が理解出来ない俺に父が、
「そのアイツとやらの名前を言えるか?」
「………」
俺は答えられなかった。それどころか、さっきまで一緒だったのに顔すら思い出せない
父が続ける。
「アレはな…この土地に昔からいる神様みたいなもんだ。
 俺がさっき見た時は子供の容貌だった。必死に平然を装おうとしたが、不自然だったな…
 で、基本的には危害は無いのだが、お前みたいに外から村に入ってきた者にとり憑く」
更に話を続ける。
「奴が危害を加える条件が二つあってな。
 一つは、憑かれた者が憑かれている事に気付くこと。もう一つは、村の外へ出ること」
詳しくは分からないが、この村がある地形自体が結界になっているらしい。
そのどちらかをしてしまうと、神様とやらがいる向こうの世界に連れて行かれ、半永久的に遊び相手をやらされるらしい。
親父は俺が憑かれてると判断し、広場へと送り出した。
そしてそのすぐ後に神主さんに電話をし、引き剥がしの儀式をお願いしたそうだ。
「あいつ(神主)の家系は代々あの場所で、お前みたいに憑かれた者を助けてきた。あいつはかなりの怖がり屋なんだがな」
「だから目を瞑ってたのか」
「奴は祭りや賑やかなのが好きなんだ。だから太鼓や笛の音を流し誘き寄せる」
「あの奇妙な仮面の人達も、急いで準備してもらったの?」
「仮面の人達?あそこにはあいつ一人しかいなかったはずだが…」
あそこで起こった事を説明すると、
「恐らくその仮面達は、遊びに出た神様を連れ戻しに来たんだろう。
 どちらにしても、知らない方が良いこともある。あいつには内緒にしておこう。聞いたら発狂するだろう…ははは」

翌日。
俺は帰路に着いた。
村の入口の昨日『友人』が居た場所には、小さな地蔵があった。
心なしか悪戯な笑顔をしたように見えた。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク