シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【秀吉の闇】関白秀次切腹事件について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
250px-Toyotomi_Hidetsugu-cropped
1: 人間七七四年 投稿日:2016/04/19(火) 00:45:43.32 ID:8R4a6NfN.ne
現役関白が切腹させられた前代未聞の事件
関ヶ原の戦いの遠因ともなったこの事件についてのスレ

引用元: ・【秀吉の闇】関白秀次切腹事件について

2: 人間七七四年 投稿日:2016/04/19(火) 00:58:14.47 ID:8R4a6NfN.ne
文禄4年(1595年)

6月末、秀次に謀反の疑いが持ち上がる
7月10日、高野山青巌寺に入る
7月15日、秀次に賜死の命令が下り、切腹

辞世「磯かげの松のあらしや友ちどり いきてなくねのすみにしの浦」

3: 人間七七四年 投稿日:2016/04/19(火) 07:26:51.68 ID:vITQ/+5o.ne
やっぱり秀頼の邪魔になるから消されたんだろうね。

その割には、その後始末は不徹底そのものだが。
少なくとも、秀次の義兄(正妻の兄)、池田輝政は最低でも粛清しておくべき
だっただろうね。秀次の残党を糾合するリスクが誰が見ても高いわけだし、
事実関が原でそうなった。

なお、池田は秀次とともに消されるだろうとは、当時誰もが予想していたし、
家康はわざと扱いに困っていた築山の娘を嫁にやったぐらいだし。

4: 人間七七四年 投稿日:2016/04/19(火) 10:09:07.70 ID:Gau9wJQP.ne
秀次の切腹よりその後の女子供の斬首が酷すぎる
子を産んでない女、侍女、乳母までやる必要があるのか
唯一娘で生き残った菊が結局大坂の陣で処刑されたのは何だか

8: 人間七七四年 投稿日:2016/04/19(火) 22:09:05.27 ID:gh+IwhxY.ne
>>4
秀次の娘はあと二人生き残っていて子孫を残しているが
完子以外に太閤の血筋を後世に残したのはこの二人のみ

7: 人間七七四年 投稿日:2016/04/19(火) 18:56:19.09 ID:du5kdWZs.ne
石田三成は関与してないのか? この事件?

10: 人間七七四年 投稿日:2016/04/19(火) 22:41:00.35 ID:8R4a6NfN.ne
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E8%A3%E7%A7%E6%AC%A1

秀次切腹の主な連座者

打ち首または切腹

木村重茲(家老。摂津茨木の大門寺にて斬首[47]または自害。)
木村志摩守(重茲の子・斬首または自害)

切腹

前野長康(後見。中村一氏に預けられ、賜死/蟄居後に自害とする話もあり)
前野景定(家老。賜死)
白江成定(家老。自害。京都四条の貞安寺にて。妻も四条道場で自害)
熊谷直澄(家老。自害。嵯峨二尊院にて)
粟野秀用(家老。自害/または斬首。粟田神社前の鳥居小路にて)
一柳可遊(家老。徳川家康に預けられ、賜死)
服部一忠(家老。上杉景勝に預けられ、賜死)
渡瀬繁詮((元?)家老。賜死。秀次の弁明を行ったため)

日比野下野守(自害。北野天満宮の付近にて)
山口少雲(自害。北野天満宮の付近にて)
丸毛不心斎(丸毛兵庫頭)(自害。丸毛長照?。相国寺門前にて)
明石則実(賜死)
羽田正親(賜死。元豊臣秀長家臣)
本多正氏(賜死。元徳川家臣)
瀬田正忠(賜死)

殉死

山本主殿/主殿助(切腹。享年18。秀次が介錯)
山田三十郎(切腹。享年18、秀次が介錯)
不破万作(切腹。享年18、秀次が介錯)
虎岩玄隆(僧侶。高野山に同行、殉死。秀次が介錯)
雀部重政(追腹。元三好家臣。服部吉兵衛が解釈)

11: 人間七七四年 投稿日:2016/04/19(火) 22:42:49.88 ID:8R4a6NfN.ne
流罪・改易

三好吉房(改易・流罪)
木下吉隆(改易・流罪→島津義弘に預けられ、配流先の薩摩国坊津で自害。祐筆兼武将)
小早川秀秋(改易。丹波亀山城10万石没収。[注 63])
浅野幸長(能登に流罪→のちに復帰)
増田盛次(元家臣。大和郡山城にて蟄居→のちに復帰)
荒木元清(流罪。馬術家)
里村紹巴(流罪→蟄居。連歌師)
曲直瀬玄朔(延寿院)(流罪)
菊亭晴季(流罪)
土御門久脩(流罪)
滝川雄利(叱責)
六角義郷(改易)[注 64]
吉田好寛(逃亡、のち結城秀康家臣)
前野忠康(浪人、のち石田三成家臣)
小田友治(改易・逃走、のち結城秀康家臣)
伊丹正親(追放)
大島親崇(出家。秀次側室であった娘が死罪。)
多羅尾光俊、光太(改易→徳川氏旗本[120])
藤堂良政(若江八人衆。秀吉の命により従兄弟の藤堂高虎の下で蟄居。のち家臣)
富田高定(若江八人衆とも。富田一白の子。追腹を行おうとするが咎められ蟄居。のち前田利長家臣1万石)

難を逃れた主な人物

田中吉政(元家老)
中村一氏(元家老)
山内一豊(元家老)
堀尾吉晴(元家老)
徳永寿昌(家老。石田三成らの尋問に対し、秀次の罪状を列挙し申し立てた、とする話がある)
大崎長行(木村重茲家臣。重茲に殉じ追腹を行おうとするが重茲に阻止され、起請文を書かされて実行できず)

12: 人間七七四年 投稿日:2016/04/19(火) 22:50:27.10 ID:8R4a6NfN.ne
何を逃れた主な人物その2

浅野長政(既に1593年に事実上失脚して、子の浅野幸長に家督を譲っていたため新たな処分はなし。のちに五奉行として復帰)
毛利輝元(この事件の発端となった密告を行ったとされる。彼は秀次から多額の借金もしていた)
藤堂高虎

最上家、細川家、伊達家らは徳川家康の取り成しで事なきを得た。

最上義光(秀次の側室となったばかりの娘駒姫が事件に連座し処刑された。妻の大崎氏は聚楽第蟄居中に急死)
細川忠興
伊達政宗

102: 人間七七四年 投稿日:2016/04/28(木) 19:20:39.85 ID:u9upswDi.ne
>>12
浅野長政、秀吉の死後長吉から吉の字を捨てて
長政に改名してるけど、含むところでもあったのかな

14: 人間七七四年 投稿日:2016/04/19(火) 23:53:27.13 ID:QZA2ebdm.ne
現職の家老はことごとく切腹や斬首なのに、元家老は処分さえ無しってのがな

15: 人間七七四年 投稿日:2016/04/20(水) 00:12:36.90 ID:mVv+s3FM.ne
しかも家老の田中や山内は、秀次事件の後で、加増されてるしな。

16: 人間七七四年 投稿日:2016/04/20(水) 00:22:41.30 ID:mVv+s3FM.ne
元家老っていうか、現職の家老だったんだよな。田中とか山内は。
秀次の罪を訴えて助かったクチだろうな。

18: 人間七七四年 投稿日:2016/04/20(水) 08:33:53.91 ID:cfOB2NUB.ne
とりあえず適当に全員処刑しとけ精神はいかんよな
少なくとも最上まで敵に回す必要は無かった。
石田が立ち会ってるのにこの所業はちょっと軽率だと思うぞ
効率厨の石田痛恨のミスだと思う

20: 人間七七四年 投稿日:2016/04/20(水) 09:53:34.42 ID:SHIQuE4E.ne
義父や義兄(義弟?)が自害させられた後に石田に仕えた舞兵庫って、、、

46: 人間七七四年 投稿日:2016/04/22(金) 20:13:07.87 ID:QhqB6hUS.ne
>>20
なんか三成は助命派で関ヶ原で三成に仕えた旧秀次家臣が
正則相手に奮戦したのは、正則が処刑積極派だったからみたいな事を
書いてたな、矢部先生

47: 人間七七四年 投稿日:2016/04/22(金) 20:15:34.03 ID:Qlm7sFUg.ne
>>46
そもそも三成の軍が正則相手の奮戦、っていう話自体怪しいけどな

51: 人間七七四年 投稿日:2016/04/23(土) 01:26:35.80 ID:oTyqcj+i.ne
>>46
助命派なんて言うとさも人道派だったかのようで聞こえは良いが
ぶっちゃけ連座されない程度の庇い方だったとも言えるわけで

52: 人間七七四年 投稿日:2016/04/23(土) 01:37:17.27 ID:3izi3WAu.ne
>>51
だよな。秀次かばうと連座だしな。
どうせ嘘だろ。

.

石田三成のwikiにこんなことが・・・
>(秀次領の)当初は同じく旧領であった尾張清須21万石が与えられる予定であったが、こちらは福島正則に与えられた。

21: 人間七七四年 投稿日:2016/04/20(水) 10:30:59.73 ID:cfOB2NUB.ne
大した目的も無く趣味で連歌とか茶会する奴は長生き出来ないイメージ

23: 人間七七四年 投稿日:2016/04/20(水) 13:20:35.11 ID:+ebe8WZH.ne
なんか中国の五胡十六国時代みたいw

25: 人間七七四年 投稿日:2016/04/20(水) 14:23:00.19 ID:SHIQuE4E.ne
>>23
残念ながら中国では商の頃から現代まで普通のことなんだな

24: 人間七七四年 投稿日:2016/04/20(水) 14:16:56.11 ID:yQxqMEsh.ne
秀次をここまで徹底的に粛清するなら
石高が飛び抜けてる徳川も粛清するべきだったわな

家康は内心びびってただろ
現職関白ですら粛清できる豊臣公儀の権力に

26: 人間七七四年 投稿日:2016/04/20(水) 14:28:54.29 ID:BE7g2It7.ne
>>24
ビビると同時に喜びもしたろう。秀次がいなくなれば、豊臣に残るのは秀頼という幼児だけだから。

27: 人間七七四年 投稿日:2016/04/20(水) 15:38:25.54 ID:Hzv9m70o.ne
浅井のときは男系は滅ぼしたけど女系は残したように
普通はあんま力持たない女系の一族は殺さないよな
一族皆殺しとか中国っぽいよね

29: 人間七七四年 投稿日:2016/04/20(水) 17:29:57.18 ID:mVv+s3FM.ne
女児は秀頼の婚約者?を除いて助命しているよ。
秀次の男子を妊娠してるかもしれないから妻妾を殺したんだろうね。
秀吉は実は秀次を殺すつもりはなかったのに勝手に自殺した説ってあるけど、
妻子を殺してる段階で説得力がない。

30: 人間七七四年 投稿日:2016/04/20(水) 19:31:09.38 ID:u4Iq0FiF.ne
その説はあんまり知らないけど
秀次が勝手に身の潔白のために自害したことで
メンツ丸潰れで激怒みたいな流れかな?
しかも大政所のために作った寺を血で汚すし

31: 人間七七四年 投稿日:2016/04/20(水) 20:02:28.81 ID:JdXqMOw7.ne
>>30
かつて所領不足を訴えて逆鱗にふれて流された秀勝のように
ほとぼりが冷めれば許そうとしていたかも。太閤が秀次の料理人を手配
するなどしていたのに、秀次が先走って腹を切ってしまい血で汚されたと
して激怒したのは事実のようだ。あとは残酷な処刑だが、なぜか三人の娘
の命は助けている。これは謎。

37: 人間七七四年 投稿日:2016/04/21(木) 00:46:18.34 ID:s4DfJLud.ne
秀次旧領の尾張24万石をもらった福島正則
同じく旧領の近江7万石をもらった石田三成
尾張をもらうはずだったが、秀次の京屋敷と金銀財宝をもらうことで我慢した前田利家
が怪しい

38: 人間七七四年 投稿日:2016/04/21(木) 00:47:29.77 ID:D9Yi3YKJ.ne
料理人が配置されれば生かす気だったとか本気で言っているなら脳みそがおかしい
死刑囚に対してだって料理人を配置して殺す前は美味いものをたっぷり食べさせてやるのが万国共通のやり方
むしろ禁固されているだけで時間が経てば出られる連中の方が食える飯は不味い
秀吉が料理人を特別に手配したのが本当なら逆に秀吉は最初から殺す気だったといえる

39: 人間七七四年 投稿日:2016/04/21(木) 11:42:45.86 ID:Jdr+Hqnh.ne
怪しいって言ってもその人らの権限じゃ関白に腹切らせらんないでしょ

40: 人間七七四年 投稿日:2016/04/21(木) 15:04:07.27 ID:s4DfJLud.ne
秀吉とか淀殿に讒言はちくれる
もともと秀次を邪魔だと思ってる淀殿や秀吉にとっては渡りに船

41: 人間七七四年 投稿日:2016/04/21(木) 15:50:05.03 ID:TvvTx1b4.ne
先に家老を殺しといて、秀次が勝手に切腹した、メンツ潰されたってのは無いわ

42: 人間七七四年 投稿日:2016/04/22(金) 09:39:23.99 ID:FYre8XRO.ne
妻子まで殺すってのはやっぱり尋常じゃないわけで
それに対する説明としてはありそうな話ではある
切腹まではさせるつもりなかったというのはないにしても、もう少し期間を置いて切腹させるつもりが、当て付けのように青厳寺で切腹したのにキレたとかね

43: 人間七七四年 投稿日:2016/04/22(金) 09:43:02.38 ID:mETxaFOz.ne
もしそうなら、声高に喧伝すると思うのだが
秀吉はそういう自己弁護する人だし

44: 人間七七四年 投稿日:2016/04/22(金) 10:15:06.29 ID:n7rAKOzv.ne
人前で斬首するつもりだったのに勝手に切腹しやがって、許さん、みたいな

53: 人間七七四年 投稿日:2016/04/23(土) 07:43:54.74 ID:IpSTGGxj.ne
しかし秀次殺さなきゃ豊臣家も滅亡なんて憂き目に合わなかっただろうな
子供もいっぱいいたし
そりゃ戦えば秀次じゃ家康には全く敵うはずはないが
戦わなければいいだけ
大名には借金地獄で操ればいい

65: 人間七七四年 投稿日:2016/04/24(日) 03:52:17.04 ID:k5v8cVGs.ne
家康がたくさんいる豊臣中小大名の中でなんで池田輝政に娘を嫁がせたのかと思ったが
秀次の北政所が輝政の妹だったからなのかな
秀吉が死んで、秀次が関白として仕切るようになれば義兄の輝政は出世しただろうし
縁故作っておくのも悪くないよな

68: 人間七七四年 投稿日:2016/04/25(月) 12:56:21.02 ID:mUpMg9we.ne
>>65
池田の父親と兄貴をぶっ殺して恨まれていたから懐柔のためもある。

69: 人間七七四年 投稿日:2016/04/25(月) 21:42:33.18 ID:mV0hQrqr.ne
服部英雄とかは秀次が秀頼が秀吉の実子か疑問を現したから
それに怒って秀次一族を皆殺しにしたみたいな事書いてたな
自分でも淀殿の侍女や陰陽師を大量処刑するくらいに疑ってるところに
そんな問いを真正面でされたら、ただでさえ忍耐力が足らずストレスが溜まっていた秀吉なら
可能性はあるかな

70: 人間七七四年 投稿日:2016/04/26(火) 00:14:12.28 ID:8nc/kC4b.ne
どこの創作だか忘れたが、蒲生家相続の件で口喧嘩になったとき
秀吉「秀行は愚か物だから大大名が勤まるわけない。先代は有能だったがあいつじゃダメ」
秀次「あんた…お拾いが(愚か物だったとして)同様に扱われたとしても同じことを言えるのか?」
なんて売り言葉に買い言葉をしちゃったせいでラスボスが発狂!ってのを見た覚えがある。

71: 人間七七四年 投稿日:2016/04/26(火) 01:19:38.52 ID:uSpfNedv.ne
関ヶ原戦線異常アリだな

72: 人間七七四年 投稿日:2016/04/26(火) 14:27:12.41 ID:gVV9EQgB.ne
秀吉の闇って秀次事件だけじゃないと思うが。
ある意味秀吉は信長や家康よりひどい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク