シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【子供の頃の不思議な体験】母ちゃんはよく謝る人だった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

14 :名無しさん :2014/03/10(月)11:58:40 ID:LrctIpCyW
俺の小学生の頃の話。

母ちゃんはよく謝る人だった。
ふざけて遊んで転んだだけなのに「私が見てなかったから…ごめんね」とか、
遅刻しそうなのは俺が目覚ましかけ忘れたのが原因なのに「起こさなくてごめんね」とか、
自分が悪くないことでもとにかくよく謝ってた。

そんで小5の夏休み、父方のじいちゃんの家に帰省したとき、俺は夏風邪をこじらせたらしく高熱を出してしまった。
真夏なのに布団をかぶって寒い寒いってブルブル震えていた。
じいちゃんちでの二泊三日は寝て過ごし、家に帰ってから医者へ行けど熱は下がらず一週間以上経った。
母ちゃんはあいかわらず毎日のように「せっかくの夏休みなのに…ごめんね、ごめんね」と謝っていた。

そんな中、じいちゃんばあちゃんが家に遊びに来てくれた。
そろそろ熱も下がったろうと思ったんだろうけど、まだ具合の悪い俺を見て驚いていた。
俺にもじいちゃんばあちゃんにも執拗に謝る母ちゃんを見たばあちゃんは、
「あんた、いつもそうやって自分が悪くないことで謝って、いらぬ罪を作ってないかい?
 罪作りも罪。親の因果が子に報いだよ」
と母ちゃんに言った。
それから母ちゃんはしばらく泣いていたようだった。
ばあちゃんたちはそれから長居せず、「早く元気になれ、またおいで」って言って帰って行った。

次の日、嘘みたいに風邪は全快した。
母ちゃんもそれからは自分が悪いこと以外は謝らなくなった。
まあ風邪なんてそのうち治るものだし大して不思議って言えないんだけど、心に残っているので書いてみた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク