シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】とある宗教の「見える」人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

16 :1/3:2009/03/31(火) 10:21:32 ID:yviwkW5K0
今、年末くらいか来年頭ぐらいで結婚を考えてる彼女がいる。
俺は長男。姉がいたがもう嫁いでいる。他に兄弟はいない。
彼女は長女。妹がいるんだが、ちょっと頼りないんで、向こうの両親は彼女の方に家を継いで貰いたがっていて、
彼女もそれを望んでる。
俺もどっちかというと名前は変えたくないんだが、
俺のそれより、彼女が向こうの家を継ぎたいっていう思いのほうが強い感じだ。

で、それを踏まえて、父と母に名前を変えて良いか話した。
当然、反対。
父は、寂しいし家が絶えるからって言う理由。
母はとにかく反対。とりつくしまもなく反対だった。
話しが平行線になったので、とりあえず、俺は名前を変えてもいいぐらいの意志があるって言うのを伝えて、
その場はそこで話しを終えた。

17 :2/3:2009/03/31(火) 10:22:38 ID:yviwkW5K0
後日、母とだけ話してみた。
母は宗教やっていて、理由も言わず反対するのはその関係かなと思って問いつめた。何か言われたのかと。
ちなみに、俺はオカルト的な話は結構好きだけど宗教は大キライ。
母親もそれは知っていて、宗教の話しは極力俺にはしない。
だから俺は、もし宗教で占いじみたような事言われたなら、なだめすかして説得しようと思った。
始めは何も言われていないと言っていたが、しぶしぶ、
「あんたは宗教の話しは頭ごなしに否定するから言わなかった」と言いつつ話し始めた。

母親は15年程前から宗教をやっているんだが、その間に1回宗教を変わっているらしかった。
初めに入信した宗教は入ったときに、いわば霊能力がある幹部みたいな人間に『見て』貰うらしい。
その方法が、家族の名前を書かせてじっと見つめるだけのものらしく、俺の名前もじっと見てたんだと。
そうしたらその幹部が、
「この子は今に家から出ていくって言い出す。それも謳うように。
 あなたは絶対この子を家から出したらダメ。出したらこの子は胃ガンで死ぬ」って言われたんだと。
それと一緒に、
「あなたの実家の家系に、長男で家を出て胃ガンになってる人がいる。その人と同じになってしまう」
心当たりはなかったそうだが、後日母の母親、つまり俺のばあちゃんに聞いたら、
俺の爺ちゃんの父親は次男で、長男は言われたとおり家を出て所帯を構えていて、
胃ガンで亡くなっているらしかった。
ただ、そのときは俺は何も言ってなかったから、「ふーん」程度にしか母親も思わなかったらしい。
でも、実は俺は、中学の時から家から出たい出たいと思っていたんだ。
まあ一人暮らしや都会に出たいなんて、誰でも思うことだけどね。

18 :3/3:2009/03/31(火) 10:24:27 ID:yviwkW5K0
その後、母親は7・8年でその宗教をやめ、今度は今の宗教に入ったんだが、
ちょうどそのころ社会人に慣れてきた俺は、「家から出たい」って言い始めてた。
母親は前の宗教で言われたことを思い出して、新しく入った宗教で、「見える」人に見てもらったらしい。
前の宗教で言われたことは伏せて、「家から出たいと言ってるんですが、どうでしょうか?」という聴き方で。
そしたら、
「出しちゃいけない。この子は出たら胃ガンになる。ただこの子はもの凄く頑固。言い出したら聞かないかも」
って言われたらしい。
因縁だと。

両方で同じ事言われるなんてただごとじゃない、と衝撃を受けて、
俺が家を出るのを防ぐことを肝に銘じてきたらしい。
さすがに俺も、両方に言われるって言うのは・・・と思った。
けど俺は彼女と結婚する。多分、名前を変えて。これを機に家も出ることになると思う。
そんなことを理由に結婚をやめるなんて言えないしね。
それに母が、後に入った方の人に何も予備知識無く見て貰ったと言っても、その場に居合わせたワケじゃないから、
ほんとに何も言わずに見て貰ったのか、どうやって見たのかも分からないなとも思ってる。

ただ、やっぱりそんなこと言われたら不安もあるから、吐き出させて貰った。
気持ち悪がられるから、友達に相談できるような話でもないし。

33 :本当にあった怖い名無し:2009/04/02(木) 18:15:16 ID:2H0v/zUm0
>18
がん家系らしいんだから、検診・保険をしっかりすればよろし。
ガンが不治の病って時代でもあるまいし。

あと、80年代まで、日本人男性のがん死亡率トップは胃がんだから。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2158.html
その占い師が当てずっぽで言ってても当たりそうなほどぶっちぎり。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク