シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】千原ジュニアが語った怖い話「タクシー運転手」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

138 :可愛い奥様:2012/07/19(木) 21:46:27.99 ID:ewaWfZ6s0
『タクシー運転手の話』ジュニア千原

深夜の2時ぐらいに神戸を走っていると、女性が1人で立っていて、手上げてるんです。
その場所というのが、夜中に人なんか絶対立っているよな場所じゃないところで・・・
運転手は気味悪ながらも乗せたんです。
それで目的地聞くと、えらい山奥へ行ってくれって言ってるんです。
それで運転手、目的地向かいますよ。
で、車走らせながら“これ絶対幽霊”だと。
こんな夜中に女一人山奥へいけなんて、どう考えてもソレでしょ?
どうせ走っている途中、バックミラー見るといない、座席べちゃべちゃってオチがすぐ頭に浮かぶじゃないですか(笑)

それで車走らせながら山道突入して、もうナビにも映りません。どんどん山道に入って行く。
道中ちらちらバックミラー見ながら、そのうち居なくなるんでしょ(笑)てな感じで。
運転手も怖くて仕方ない。

139 :可愛い奥様:2012/07/19(木) 21:49:42.74 ID:ewaWfZ6s0
・・・まだ居るな。
・・・・・・まだ居るな。
もうそろそろ居ないだ・・・ん?まだ居るなぁ。
ってな具合で走っていったんですって。
道も狭くなりかなり険しい林道になって、運転手も怖くてしゃあない。

そして、車両通行止めの看板見えてきて、今度はぱっと後部座席見たんですって。
そしたら居ない。
シート触ったりしたんですけど濡れてない。
ふう・・おかしいな、どこやろ・・・
彼女を探していると、前方にふわりぶらんと物体が・・・何やろ・・あれ?
すると耳元で、
「見つけてくれてありがとう・・・」

その目的地(山の中)って、その人の首吊り死体だったんです・・・。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク