シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】入院中に作ったプログラム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

802 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/04/19(火) 12:15:18.40 ID:V/k7DYFh0.net
週刊誌(名は失念)と月刊アスキーでも取り上げられた話だが。

私の従兄弟のお兄さんが東大へ入学。(私は幼稚園児だった)
とても優しいお兄さんで、何でも教えてくれる大好きなお兄さんだった。
当時駒場に丸屋根の大きな学食があり、親族と一緒に(東大見学観光旅行)カレーを食べた。
お兄さんはお腹を急に押さえ出し苦しみ始めた。即入院した。
話によると、数ヶ月前から胃腸の調子が悪かった。
診査・診断が終わり、お兄さんの病気は『胃がん』と知らされた。お兄さんと私には知らされない。
つまりコノ不思議話は初めから終わりまで、数年後にお兄さんの親友から聞いた話だ。

病院のベッドでお兄さんはパソコンをいじっていた。
当時の時代を考えると、8ビットパソコンでインテル8080上CP/Mでパスカルやアセンブラでアプリを作ったのだろう。
お兄さんはがんだと薄々気づいていたようで、
そのパソコンを使い、毎日の食事から処方薬、静脈からの投薬検査値等を入力していた。
お兄さんは母親にこう言った。
「このプログラムには図書館で調べた変数を利用して、自分なりの関数を作ってある」
「生き残れる可能性が在るうちは『alive』と、終末が近づけば『dead』と表示されるんだ」
と得意げに語っていた。

家族が病室に来る度にお兄さんはプログラムを起動。
サマリーのコマンド入力し、毎回『alive』の文字と白いプロンプトが表示されていた。
お兄さんも彼の家族も明るい雰囲気で会話をしていたと言う。

入院してから2ヶ月ちょっと。
お兄さんは急に苦しみ出し、心臓がついて行けずアッサリお無くなりになった。

この話を聞かせてもらった東大生の親友が、当時は高価だった8ビットパソコンを譲り受けた。
彼がアプリを起動させ、サマリーコマンドを実行したら、
『dead』『dead』『dead』『dead』『dead』『dead』『dead』『dead』『dead』、、、、
アプリ制作完了日以降、パソコンの中のプログラム(アプリ/関数)は『dead』を出力していたのだ、、、

これがオカルト的な理由なのか?お兄さんが家族を安心させる為のフェイクを表示していたのか?は、
今では誰も知りようが無い。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク