シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】娘のいたずら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 38
過去の人気記事

617: 本当にあった怖い名無し 2012/06/09(土) 05:06:45.19 ID:MktxOVh90
また聞きで、俺の体験談じゃないから本当かどうかはわからん。

なんとかっていう町で、父親と娘で二人でやっている居酒屋があった。小さいがつまみが旨いと評判の店で地元の人を中心に何人か常連がいた。
その中にAさんという夫婦がいて、トシは初老といったところ。子供はいなかったが仲のいい夫婦で、週一か週二のペースでその店に通って夫婦水入らずで
食事をするのを楽しみにしていたらしい。感じのいい夫婦で、そのお店の父娘とも気さくにしゃべっていたからよく覚えていたんだそうだ。
そんな夫婦に悲劇が襲った。なんの病気かは敢えて聞いていなかったが、結構前から奥さんは治る見込みのない、つらい病気に悩まされていた。
日に日に病状は悪化しているという話だったが、それでもなじみの店に来れば少しは気が休まるのか来店のペースは落ちながらもちょくちょく二人そろって
食事にはきていた。それがある日を境にぱったりと来店しなくなった。心配していた父娘の耳にほどなくして入ってきたのは奥さんの自殺という最悪の知らせだった。

621: 本当にあった怖い名無し 2012/06/09(土) 05:13:14.47 ID:D72AEenG0
大変なことであっただろう。かける言葉も見当たらないが、もしまた店に来てくれれば少しでも慰めになるのではないか・・・。
そんな風に思っていながら月日は流れ、少し記憶からも消えかかっていたときにその夫さんはふらりと店に現れた。もちろん一人ではあったが。
「何よその顔。心配かけちゃった?」
無理に笑顔を作っているのは痛いほどわかったが、思っていたよりも元気そうだ。
「なんにしましょう?」
「最初瓶ビールね。」
「あいよ。」
「コップは二つね。」
父娘は一瞬顔を見合わせた。夫さんはその微妙な空気を察したのか
「あ・・・。いけね、つい癖で・・・。」と頭をかいた。

622: 本当にあった怖い名無し 2012/06/09(土) 05:17:09.31 ID:j5y5N25I0
「A子、Bさんとこにコップ二つね。」
「はい。」
驚いて父さんを見る夫さんに向かって父さんは
「Bさん、久しぶりにゆっくりお二人で飲んでくださいよ。最初の一本はサービスにしますよ。」
と気を利かせた。
「すまないね・・・。」といいながら夫さんは最初に自分のコップに、その後向かいの席に置いたもう一つのコップにビールを注ぎ、軽くコップを合わせた後
ゆっくりと飲みだした。
何本か瓶を空けた後、「ちょっとトイレ。」と言って夫さんは席を立った。
楽しそうに飲んでいるその空気のせいか、娘さんにちょっとしたいたずら心がわいた。

624: 本当にあった怖い名無し 2012/06/09(土) 05:24:42.82 ID:sRxmbPPi0
不謹慎なことだったのかもしれないが、その時の娘さんにはそんな気持ちは一切なく、「こうしたら夫さんは少しは驚き、そして笑うんじゃないかしら」という
思いだけだった。奥さんのために注がれていたビールを一口分ほどこっそり手に持っていた新しい布巾の中にたらし、その布巾をさっと隠した。
夫さんが出てこれを見たらきっと驚くだろう。そしたら「あら、奥さんが少し飲まれたのかしら」と言ってみよう・・・。
ほろ酔い気分でトイレから帰ってきた夫さんが発した言葉は意外なものだった。
「A子ちゃん、困るなあ。いたずらしちゃ。」
え?なんで?トイレの扉が完全に閉まっていたのは確認した。夫さんからは私の行動は見えていないはずなのに・・・。びっくりして言葉が出ない娘さんにむかって夫さんはさらに言った。

625: 本当にあった怖い名無し 2012/06/09(土) 05:29:33.39 ID:vmhyuseI0
「C枝がさあ、トイレの中で教えてくれたんだよ。A子ちゃんがなんかやってますよーってね。」
奥さんの名前だ。いくら酔っていても夫さんはいつもはこんな冗談を言う人ではない。なんでこんな事を言うんだろう。なんでばれたんだろう・・・。
「トイレの奥の方にいるよ?聞いてきてみなって」
「トイレの・・・奥ですか?あ・・・・はい。」
楽しそうに話す夫さんの、その雰囲気を壊したくなかったということもあり、気が進まなかったがトイレに行ってみた。
奥さんがねぇ。まさかねぇ。などと思いつつひとつひとつは小さいが3つもある個室を手前から順にのぞいていく。
ひとつめ。ふたつめ。みっつめをのぞきこんだとき、娘さんは大声をあげ腰を抜かした。

626: 本当にあった怖い名無し 2012/06/09(土) 05:33:40.90 ID:AVKxX5cP0
みっつめの個室の中にいたのは夫さんが首を吊っている姿だった。
一番奥の個室の上には排気だかの太いダクトが通っており、そこに自分のベルトをひっかけて首を吊っていた。もう息はしていなさそうだ。
嘘だ、夫さんはさっき自分の席に戻ったはず・・・。立たない足腰をなんとか引きずりながら店内に戻るともちろん夫さんの席には誰も座っていなかった。
「と、父さん、Bさん、Bさんは・・・・!!!」
「え?まだトイレから戻ってないだろ?心配して見に行ったんじゃないのかい?」

ほどなく家から遺書が見つかった。
これからC枝との思い出の場所をまわってみる。C枝ともしまたどこかで出会えたら、そこで、私も・・・。

627: 本当にあった怖い名無し 2012/06/09(土) 05:38:03.41 ID:9i1NylCW0
店で自殺があったとなれば客商売としてはつらい。でも夫妻の気持ちを考えると娘さんはそれだけでお店を閉めることには反対だった。
そんな娘さんに父さんは言った。
「いつからかはわからんが、奥さんはあそこにいるわけだ。もしかしたら、今となっては夫さんも・・・。」
父さんはお店をたたむことを決めた。

以上。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク