シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】途切れた記憶

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

508 1/5 sage 2009/02/19(木) 16:27:07 ID:r1W2D7kK0
まとめサイトで確か「ヤマニシ系」でまとめてあったと思うので
別スレですが、関連する話っぽいので貼っておきますね。

17 名前: チクチク坊主 投稿日: 2009/02/16(月) 12:43:56 ID:nGUvdBxZ0
霊の類かどうかは判らないけど、

俺が10年前に体験した不思議な話をひとつ

長文でスマン

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

とある、地方に仕事で出張していた時の話・・・

仕事柄、

現場で打合せをしてその製作品を下請けの工場で作らせて

再度現場に持っていく(または送る)ので、

初めての土地に行く事が殆どだった。

そして今回も初めての現場に打合せに行くことになった。

その現場はとある山にあるラブホテル街の1つだった。

当時まだ若かったので、泊まっている車を横目に見ては

(人が仕事しているのに昼間っから・・・苦笑)

と悪態をつき現場に到着した。

509 2/5 sage 2009/02/19(木) 16:28:09 ID:r1W2D7kK0
18 名前: チクチク坊主 投稿日: 2009/02/16(月) 12:44:19 ID:nGUvdBxZ0
当初、打合せなんて半日で終わるだろう、

帰り際に市内で美味しいご飯でも食べて帰るか・・・

と安易に考えていた。

しかし、それは大きな間違いで、

今回の現場は大幅に時間がかかる事になった。

夜7時を回って、一旦食事を取りに行こうと休憩になった。

各々別々に食事をとる形になり、

車でコンビニか飲食店を探しに出ようと思い車に乗ろうと向かった。

車に乗る際、ふとホテルの裏の山肌を見ると、

小高い場所の向こうに民家が数件立ち並んでいるのが見えた。

普段なら気にも留めないのだが、その時は何となく気になって

下から眼を凝らしてその民家を遠目に見据えた。

すると、裏手に見えた民家(性格には屋根)はスッと消えてしまった。

いや、更に闇が濃くなって見えなくなったと言った方がいいだろうか。

510 3/5 sage 2009/02/19(木) 16:28:51 ID:r1W2D7kK0
19 名前: チクチク坊主 投稿日: 2009/02/16(月) 12:44:50 ID:nGUvdBxZ0
ちょっと驚いたけど、別に見に行く用事も無いし、

必要性も感じられないから、車を走らせてお店探しに向かった。

向かう途中に深い森の向こうに鳥居が見えた。

闇が濃くなって見えなくなった家屋に夜闇に紛れてもはっきり見える鳥居。

既にその時、俺はもうおかしかったのだろうか。

不思議な感覚に陥りながらも、市街地へ向けて走り出したのだった。

気が付くと、俺は病院のベッドに寝ていた。

何が何だかワケが判らなかったのだが、

休憩に車を走らせてから既に2日経っていた。

その間、俺は何をしていたのだろうか。

記憶を辿るが、当然出てこない。

512 4/5 sage 2009/02/19(木) 16:29:30 ID:r1W2D7kK0
20 名前: チクチク坊主 投稿日: 2009/02/16(月) 12:45:58 ID:nGUvdBxZ0
一緒に打合せに参加したお客さん(仮にTさん)に後で聞いたのだが、

Tさんが食事を取りに下山しようと車に乗り込むと、

駐車場で山肌を見ている俺が居たそうだ。

何か様子が変だったので、「一緒に食べに行かないか?」

と声を掛けてくれたそうだ。

すると、俺はまっすぐ岩肌を向いたまま

「おお×△■×、もすもうす!!」

と大声で言い放ち、

車に乗って山を降りる方向とは違う方向へ向かってしまったそうだ。

これはヤバイ!!と感じたTさん、

1人で追いかける事をせずに、一旦職人の集まる現場へ戻り、

数人で俺の走り去った方向へ探しに出たそうだ。

513 5/5 sage 2009/02/19(木) 16:31:07 ID:r1W2D7kK0
21 名前: チクチク坊主 投稿日: 2009/02/16(月) 12:46:49 ID:nGUvdBxZ0
そして車で数分行ったところに民家があり、

そこの入り口に俺の乗っていた社用車が止まっていたそうだ。

結局、俺はその民家の軒先にうつ伏せに倒れていて

そのままTさん達に運ばれて病院に連れて行かれた・・・

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

長々とスンマセンでした。
Tさんが言うには、その時の俺は右手に髪の毛を握り締めていて

俺の後ろ髪の下のほうがごっそり抜き取られており、血が滴っていたそうだ。

今では俺は何とも無く仕事をしているが、

あの場所が何だったのか知りたくも無いし、

確かめに行きたくも無いので考えない事にしている。

ただ、俺の頭は今でも坊主刈りだ。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク