シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】見合い結婚の夫婦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

569: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 00:24:51.03 ID:XIvuZndT0.net
普段ROMな上にiPhoneからだから改行おかしかったらすみません。

私と主人はお見合い結婚でした。
物静かだけどもとても優しい人で、子どもの出来にくい私のわがままに何年も根気よく付き合ってくれ、苦労して一人娘を授かりました。
病気がちな私には似ず、玉のような元気な娘でした。

娘の3歳の誕生日に親子でお祝いしようとデパートへ出掛けました。
主人とはデパートで待ち合わせをしていたのですが、場所がわからず受付で尋ねている時に娘の手を離してしまいました。
あの時どうして手を離してしまったのか、今だに悔やんでも悔やみきれません。
数日後、娘が見つかりました。
もう二度と私達にあの笑顔を向けてくれることもできません。
どうして人間が、あのような酷く悍ましいことができるのでしょう?
あの男はきっと人間ではないのです。
この時ほど法律というものを恨んだことはありません。
精神疾患があるというだけで、何故あの男が生かされるのでしょう?

570: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 00:27:36.67 ID:XIvuZndT0.net
私は主人に頼みあの男の娘を引き取りました。
勿論私達の家族として育てるためです。
なんという偶然でしょう。
あの男の娘は私達の娘と同じ日、同じ時刻に産まれていたのです。
(母親は蒸発して安否不明とのことでした。)
私達は持ち得る限りの愛情というものを彼女に与えました。
優しく、時に厳しく、私達は彼女の成長を見守りました。
誕生日や入学式、運動会や受験の合否発表など、祝い事や催し事には必ず家族三人で出席しました。
時には喧嘩もしましたが、裏側に「ごめんね」と書いて花の形に折った彼女の折紙が私達家族の仲直りの合図でした。
彼女は健やかに美しく育っていきました。
あっという間に20年の時が過ぎました。
満面の笑顔でその男性を紹介された時、私達は涙を流しました。
今、彼女は紛れもなく世界で一番幸福だと思ったからです。

結婚式の前の晩、私達は彼女を呼び出し彼女の実父のこと、私達の娘のことを打ち明けました。
彼女はただわんわんと泣いていました。
「ごめんなさい、ごめんなさい」と繰り返す彼女に私達は笑顔で頷き、
抱きしめ宥め落ち着かせると彼女の伴侶の元へ送り出しました。
主人には申し訳ないと思いましたが、私は娘が産まれた時とはまた違う幸福を感じていました。
その事を主人に伝えると主人も優しく微笑みながら同じ気持ちだと言ってくれました。
私は本当にこの人と結婚できてよかったと、生まれて初めて神様というものに感謝しました。

571: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 00:33:18.99 ID:XIvuZndT0.net
翌日の彼女の式には私も主人も出席しませんでした。
深夜に伴侶と共に駆けつけた彼女は私達を目にすると、訳のわからないことを叫びながら泣き崩れました。
首を吊る、というのはもっと苦しい物だと思っていたのですが、あっという間なのですね。
私の隣で揺られる主人も苦しまずに逝けていると良いのですが…

ここで悲鳴を上げながら飛び起きました。
(実際には叫んでいなかったようです。)
前の仕事を辞めて、無職を満喫している真っ昼間にです。
夢の中の女性と自分の区別がつかず頭の中がぐちゃぐちゃで、気持ち悪さと確かに少しの幸福を感じていることに恐怖を感じ号泣しました。
こんなリアルな夢は初めてで、何より自分がこんな陰険なことを考えられる人間なのかと自己嫌悪もしました。
恥ずかしい話、世に言う腐女子の自分は夢も801がニャンニャンな夢ばかりで寝言もデュフフwがデフォなのになんでこんな夢を見たのか今も訳がわかりません。
前日の夜も海洋生物×某キャラの薄い本を読んでから眠りについたのに…
他の方は怖くないかもしれませんが、自分では洒落にならないくらい怖かったです。

577: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 08:26:54.42 ID:fqj0jSkU0.net
>>571
ここは「洒落にならない」じゃなくて「死ぬほど洒落にならない」怖い話スレだから

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク