シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】託されたものは何?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

403 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/05 21:14
五年前新築のマンションに越してきた。
某有名武将が死んだ地だ。
入居と同時に、身体を壊した。

回復すると同時に、見えてきたものがある。
昼日中、廊下を歩く、黒い足。
うわさに聞く、こつこつと床を叩く天井の音。
壁に耳をつけても、響く音は無い。

部屋の机の位置を替えたら、
闖入者が現れるようになった。

.

ゆっくりと足音重く部屋に入る、背の高い男。
のどに生暖かい指を当てられたこともある。
どちらも、夢うつつの状態で現れ、あわてて
電気をつけても姿はない。

昨晩は、左の肩から、小さな手で登ってこられ、
ささやかれた。
「こどものことをおねがいします」
やけに滑舌の良い女の声だった。
夢だと断定するには、奇妙なリアル感。

なぜあの声は、ガラスの玉のなかで発声された
かのように、ちいさく広がり、くぐもったのだろう。

そして不審に思うこと。

わたしは何を託されたのだろう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク