シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】もうじさつするしかないんだ…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

727 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/03(日) 02:37:38.06 ID:faiSjf050.net
小さいながら夫婦で防犯設備の株式会社を立ち上げて8期程経ち、
地方銀行の大型融資も審査が通って順調に利益を伸ばしている中で、専務取締役を任せていた嫁が事故死した。
それからは仕事に身が入らなくなり、
自分でも間違っていると気づきながらアポイントをすっぽかして、仏壇の前に座り込んで一日が終わったりと、
もう典型的なクズ人間になっていた。
当然事業計画書通りにいくはずもなく融資は止められ、事務所も放置したまま一月引きこもり、
冷静になった時にはもう、それまでの融資の返済や事業もどうしようもない所に来ていて、ああもう自殺しようと考えた。
伸びっぱなしの髭もそのままでホームセンターに行き、一番太いトラロープを購入して、
家に帰り、天井のファンに結んで洋イスの上に立った。
首にロープを回すと想像していたよりずっと恐怖は無くて、イスを蹴り転がせはもう死ぬ状態になって、
走馬灯だとか自殺するには覚悟がいるだとか、そういう知識はフィクションの産物なんだとぼんやり考えていた。
そろそろ死のうと改めて足元のイスを見ようとして、前方に何かいることに気づいた。
三頭身位のそれは、油っぽい長い髪垂らして、髪の間から見える目はまん丸に血走っていて、
口は不気味な位ニタニタしていた。
俺の立っているイスを見ているようで、早く倒れろっていう意思を確かに感じられた。
思わず口を開けて眺めていると、俺の視線に気づいたようで目が合った。
向こうも相当驚いている様子で口角が少し下がったが、直ぐニタニタとした口に戻って、
「死ぬなら子供もらっていい?」と中年のおやじの声で言った。
状況が掴めなくてとっさに「死なない」と言った途端に、自分がしていることの恐ろしさに気づいた。
自分にはまだ5歳の娘がいて、嫁が死んで以来押し付けるように嫁方の実家に置き去りにしたことを、
この一月で初めて思い出した。
すぐにロープを首から放してイスから降りると、
そいつはいなくなっていたけれど、その場にいたという確かな雰囲気が感じられた。
そのまま嫁方の実家へ行き、土下座して娘を抱きしめた。娘も義理の親も泣いて許してくれた。

今は借金を返しながら娘を育て、営業マンとして必死に生きてる。
死んだらどうなるか分からないけれど、
ああいう訳の分からない奴はちゃんと居て、自分のことも娘のことも何処かから狙ってるように思ってる。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク