シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【意味が分かると怖い話】ある日、男は殺しの現場の被害者の声を聞けるようになってしまった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

なんかのドラマみたいので見たんだけど。

ある日、男は殺しの現場の被害者の声を聞けるようになってしまう。
そのどこかで殺されてる声が何日か毎に頭に入って来る。

しかも男がその声を聞くたびに新聞に声と同じ内容の殺人事件が載っている。
そしてまたある日、今度は犯人の声が聞こえるようになる。

犯人は最後に、男の存在に気付いた。

「この事を誰かに話したら殺す」

男は恐ろしくなって家に引き篭もり、会社も辞めてしまう。
心配で家に来た友人に男は安心感から全てを話す。

友人と考えた末、警察に行く事にした。
男の近所には幸いな事に交番があった。

男は次の日交番へ行った。
出て来た警官に全てを話した。

住所と電話番号を教え、警官が夜間パトロールをしてくれる事になった。
男は安心して家に帰った。

その夜、男は殺された。

意味は推して知るべし

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク