シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とある団地の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part39

スポンサーリンク

341 名前:とある団地の話 1 投稿日:03/05/27 11:35
一応まとめれたのでうpしまつ。
実は今回の話は数日前に某スレに軽く載せたものだったんですが、
その時はトンネルネタで盛り上がっていたのでスルーされて
しまったんでw、再度詳細をここにまとめてみようと思いまつ。

これは私が今住んでいる所に引っ越す前の話なんですが、以前
住んでいた県営住宅(まだ新しく中古で入居はしていません)は
私が生まれて間もない頃に入ったそうです。
そこには私も小学校の5年までしか住んでいなかったんですが、
13号棟まであり、子供が多い割には何故か人気が少ないように
感じる土地でした。
また、私達が住んでいた13号棟は小さい道路に挟まれ前の12号棟
とも疎外感のある場所でした(ちなみに室号は404であからさまに
不吉w)。

342 名前:とある団地の話 2 投稿日:03/05/27 11:35
それは私が3歳頃、最初に経験したのは母でした。
ある夜中、母は12号棟にある公園のほうからこちらへ歩いてくる人影
を観たらしく、本能的に「ヤバイ」と思って、自分の家へ戻ったそ
うです。
その人影(よくよく見ると死装束を着た長い髪の女だったそうです)
はスーっといった雰囲気で13号棟の1階1部屋ずつ、ノックをして
は上の階へ上がって来ました。
4階に住む母は、急いで家の鍵を閉めてふすまを閉じ(寝る前にふすまを
閉める習慣だったので)、私たちが寝ている部屋へ来て寝たフリをしたそうです。
そして次に周ってくるのが「うちだ」と感じた瞬間、はっと目が覚めた
そうで、気がつくと隣にはいつもの家族が眠っています。
「あぁ、夢だったのか」と母がほっとして頭上にある時計を見ようとした
瞬間、ふすまが半分ほど開いているのに気づきました。
そしてはっとした瞬間、金縛りにあい、うっすらと目をあけてみると
目の前には先ほど目にした死装束の女性が、物凄い形相で母を睨んでいま
した。
そして次の瞬間力任せに首を絞めてきたそうです。
「苦しい」と気が遠くなった瞬間、母は気を失ってしまったのですが、
次の日起きるとふすまはやはり半分開いていました。
それが、母にとって一番怖かった体験だったそうです。

343 名前:とある団地の話 3 投稿日:03/05/27 11:36
次の体験者は私の弟でした。
弟も親の血なのか子供の頃から結構見る体質だったらしく、異常なまでの
怖がりで、小さい頃はいつも夜中にトイレに行くときは必ず家族を起こして
いたのですが、何故かその日は1人でトイレに行こうと思ったらしく、ふきガラス
つきの扉(どうもこの県住のデザインらしく、どこの家にも着いていました)を
半分開いた瞬間、誰かがいるのが見え、よくよく見るとどうも母が観た例の女性
と同じらしく(ですが母は「怖がりだから」と弟にはその話をしていません)、
半泣きで私たちが寝ている部屋に戻ってきて詳細を話しました(それで母が上の体験を
言ったものだから余計に弟は怖がりになってしまったんですがw)。

.

そしてある日、今度は父が妙なことを母に言いました。
「お前、夜中何度も俺の手を撫でてるやろ」と。
母は私と弟と同室で寝ており、父はスペースがないので1人別室で寝ていたのですが、
もちろん母は「そんなことしていない」と言い張ります。
そしてある日、父がまた手を撫でられていると感じた時に、うっすらと目をあけて
手のほうを見てみると、白い着物から伸びた青白い手が父の手を延々と撫でていた
そうです。
今では父は「よく考えると母さんの手よりももっとほっそりとしてて綺麗だった」
と笑い話にしていますが・・。

そんな風に同一人物と思われる霊に私以外の家族全員が観たことになったのですが、
これがあまりにも小学校の頃の私にとって、友達と話す時にいい話題になるので、
ある日下校途中に、同じ13号棟に住む同い年の友達にこの話をしてみました
(オチに使おうとその子には最後まで「同じ霊らしかった」とは言わなかったのですが)。
すると、その子も家で霊体験をしたことがあるらしく、これは弟と同じくふきガラスの
扉を開いたときに見たそうなんですが、この話を聞いたとき私ははっとして、
「もしかして、その幽霊って死装束を来た髪の長い女の人じゃなかった?」
と尋ねたところ、友達は「うん、そうだよ。なんでわかったの?」と驚かれました。
もしかしたらこの霊は13号棟付近をうろついているのかもしれません。

344 名前:とある団地の話 4 投稿日:03/05/27 11:37
ちなみに、この霊だけでなく、昔実際に起きた事件で近所のどぶ川にまだ3歳頃の
男の子が落ちて溺死したことがあってから、夜になると風もないのに放置された三輪車が
勝手に動き回るのを目撃した人がいたり、団地の集会所にいった近所のオバサンに
よると「あそこに正座したおじいさんが時々いたり消えたりしている」と指差したり、
(一度たくさんの人が目撃して騒動になったそうです)怪現象は後をたちませんでした。

その後、震災もあって私の家族はその団地を離れた(ガラも悪くなったので)のですが、
私の家族の後に4040号室に入った家族もいたようで、つい数年前母がまだ団地に住んでいた
友達に会ったときにこっそりと話された話がこれでした。

「あなたたちの後に入った家族・・男の子がいたんだけど、突然家で首を吊って
 自殺したのよ。もう半年経つんだけどまだ原因不明なんだって」

・・と。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする