シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【人生最大の修羅場】同僚Aが「今年になってストーカーされてる」と言い出した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

418 :名無しさん@おーぷん:2016/03/10(木)23:56:20 ID:IM1
同僚Aが「今年になってストーカーされてる」と言い出した。
話を聞くと帰りの電車で付きまとわれているらしい。
その場にいた人たちで基本的な対処法を勧めたが
・車両を変える→乗り換えにはその車両のそのドアが便利だから嫌
・時間をずらす→1本後は乗り継ぎの便が悪いから嫌
嫌ならあとはもう知らないよ、で放置していたんだけど、今週になって怖いから一緒に帰ってくれと頼まれて、定期圏外の交通費は出すから!と言うので月火とAの自宅最寄り駅まで同行した。
結論から言えばどう考えてもAの思い込み。
職場最寄り駅からAと一緒に電車に乗り込むと「あの人」と教えてくれたのは椅子に座ってるサラリーマン風の男性。
イヤホンで音楽かなにか聴いていて、月曜はスマホをいじり、火曜は雑誌を読んでいた。
私たちは扉の近くに立っていて、乗換駅に着いてホーム移動。
移動したホームで列に並んでいたらその男性が階段を下りてくる姿が見え、私たちより後方の隣の扉の列に並んだ。
電車に乗り込み私たちは座っていると、男性は車両に乗り込むなり車内を見回して吊革に掴まった。
スマホ取り出していじり出して時々顔をあげて周囲をキョロキョロ。
そのうちAの自宅最寄り駅に着いて、下車するなり「ずっと着いてくるし、こっちを探し回ってるし!ストーカーだよね?!」
同じ電車の同じ車両に乗っているのはAと同じく乗り換えを考えてのことでしょうね。
乗り換え後の車両の位置だってきっと同じ理由でしょう。
電車に乗った直後にキョロキョロするのは空席とか立つ場所を探すからでしょうね、みんなやりますね。
移動中に周囲をキョロキョロするのは今どのあたりの駅か確認するためでしょうね、音楽聴いてて車内放送聴こえなかったんでしょうね。
どう見ても普通のサラリーマンです。
どう考えてもAの勘違いです。
そう伝えたら昨日は同僚Bに同行を頼んだらしい。
今日、顔を合わせるなり「あれは……ねぇ」「ですよねー」って、やっぱりBさんも困惑してた。
2人でAを説得してみたが、今日の昼間にみんなに声を掛けてCさんと一緒に帰ることにしたらしい。
明日Cさんと会うのがちょっと楽しみ。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク