シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【心霊ちょっといい話】夢だからと言って安心は出来ない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

150 1 05/01/29 13:38:15 ID:8+YfqS8D0
いまだにリアルに覚えているの私の夢の話。
いい話じゃなく、ただの夢だと言われればそれまでの話。
なのでスルーして下さっても結構です。

私はその夢の中で追われていました。
追ってくるのは黒っぽいスーツを着た痩せ型の中年の男。
今もはっきりとそいつの顔を覚えています。
私は確かにその男を知っている気がするのですが
その男の名前も、どこで会ったかも思い出せません。
ただ「捕まったら死んでしまう」と漠然と感じ、
必死で逃げていました。
でも車で逃げても、走って逃げても、どこに行っても必ずその男は目の前に現れるのです。
夢の中なので時間の概念はないのですが随分逃げ回っていました。
現実の感覚でいうと丸一日くらいでしょうか?
その間、休むことなく逃げ続けました。
そして精神的にくたくたになった頃、
それまではいつも逃げられる程度の距離に現れていた男が、
突然目の前に現れたのです。
そして絶対に逃げられない距離から私につかみかかってきたのです。
”もうだめだ!殺される!”
と思った瞬間
「起きなさい!」
という大きな声で目が覚めました。

151 2 05/01/29 13:39:28 ID:8+YfqS8D0
飛び跳ねるように身体を起こすと、
そこに何年も前に亡くなった祖母が立っていました。
祖母は
「危なかったねぇ。夢だからって馬鹿にしちゃいけないよ。
 本当に死んじゃう事だってあるんだ。
 いつも助けてやれるわけじゃないんだよ。
 今日は運が良かっただけ。気をつけないとね。」
そんなような事を言ったと思います。
気がつくと祖母は消えていて、
私の心臓はバクバク、、
身体中に油汗をかいていました。
もしかしたら祖母が立っていたのも夢で、
全部夢かもしれません。
でも今も鮮明に思い出せるあの恐怖は
私の中でただの夢とは思えないのです。
祖母が助けてくれなければ、
多分私は死んでいたと今でも信じています。
おばあちゃん、ありがとう。

ここでなら同じような体験をしたという人がいるのではないかと書いてみました。
駄文、失礼いたしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク