シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】深夜の通夜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

322 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/06/08(水) 18:08:37.45 ID:99kjJS9x0
妻と喧嘩して車から降り、25キロ歩いて帰った時の事。
夜中三時頃遠くに雷の鳴っている天気の中、ある村に差し掛かると
数人の喪服人のがいつの間にか周りを歩いていた。
それぞれ距離をとって一人ずつ。
提灯が出ていたので通夜なのかと、何となく通り過ぎたが、後で考えるとその時間に?
と思う。不思議なのは、それから何回同じ道を通っても、その家が見つからない事。
方向的にどの家も玄関がある方角そのものが違ってる。

323 忍法帖【Lv=4,xxxP】 sage New! 2011/06/08(水) 18:21:17.33 ID:1SQIEhATP
>>322
「その家」ってのは提灯が出ていた家のこと?
何となく通り過ぎた程度だと記憶が曖昧になったりするからね
通夜や葬式の風習は地方によってかなり変わったものがあるようだから
夜中に人が歩くようなそういう変わった風習の地域だったんじゃない?
てかGoogleマップでどの辺か教えてくれれば誰か調べてくれると思うよ

329 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/06/08(水) 19:56:27.27 ID:ybNa9Kjj0
>>323
提灯の出ていた家。
忌中の提灯のを見たときははっきり玄関の位置も見てる。
隣村なので位置も五十メートル範囲のはずなのだが・・・
真剣に探してみたこともあるが。
あと(数人=五人位)だったが、みんな傘さしてた。
オレ傘持ってなかったが、濡れた記憶ないから
雨は降っていなかったはず。
この辺では少なくても通夜の席に喪服で行くのは準備してたと
みなされ、逆に失礼にあたるところ。
もちろん、葬儀をそんな時間にする風習も聞いた事がない。

330 忍法帖【Lv=2,xxxP】 sage New! 2011/06/08(水) 20:11:49.90 ID:UqSVKk2s0
>>329
えーと、いまいち状況が分からんのだが
喪服の人がいつの間にか君の周りを歩いていて
それで周りを見回したら忌中の提灯が下がっている家が見えた
ということでいいのかな?

この辺では、ってどの辺だか伏せていることには何ともね

332 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/06/08(水) 20:35:39.64 ID:ybNa9Kjj0
>>330
文章力無くすみません。
その通りです。近場なので伏せてしまいましたが
新潟市の、今月凧合戦のあった場所です。
川沿いの旧××村。村で想像するほど田舎ではありません。
光はとっくに通っているところ。

333 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/06/08(水) 20:44:32.81 ID:1SQIEhATP
>>329
25km歩いて帰ってきた途中の話が結局50m程度しか離れていない隣村の話だったってこと?

情報の後出しが萎えるのはさておき、どの辺の場所の話なんだか
教えてくれないと検証のしようもないよ

それと夜中に葬儀をすることはないと思うが儀式的なものをする場合はあるでしょ
儀式とすれば雨が振らなくても傘を差したりすることはあるだろうし
喪服着用なのも特におかしなことではないと思うよ

334 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/06/08(水) 20:49:52.90 ID:ybNa9Kjj0
>>333
隣村のなかでの50メートル範囲。

335 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/06/08(水) 20:55:39.53 ID:ybNa9Kjj0
>>333
途中で送信してしまって・・・。隣村までは直線五キロは離れてます。
>>332を見てもらえばかなり判るはず。
多分レスしたオレを特定してる人もいると思われ・・・

336 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/06/08(水) 21:07:52.30 ID:UqSVKk2s0
>>332
すると●根かな
地元民なら郷土資料を調べてみればいいんじゃないかな
以前、別件で地元の郷土資料を読み漁ったことがあるが
意外といろいろ載っている

338 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/06/08(水) 21:16:43.16 ID:ybNa9Kjj0
>>335
追加。その後。夜中に歩いているのを見られたくなくて
大きく迂回して新幹線(村でも新幹線通り、と高速インター有り)の
側動を歩いていたら、いきなりサーチライトで照らされて
高架下に逃げ込んだ。トロッコみたいな点検車が上を通っていった。
冬服を着ていたので多分十月の終わり頃。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク