シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】クレヨンしんちゃんのシロ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

後味の悪い話 その154

スポンサーリンク

920 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:12:54.50 ID:TaSZO3Y70.net
クレヨンしんちゃんの、シロがメインの話は結構後味悪いのが多い

・シロと捨て犬
冒頭でシロは、人間の女に捨てられた病気の子犬を見つける。
自分のエサを毎日分け与えるものの、数日後……子犬は動かなくなっていた。
子犬を捨てた無責任女に吠え掛かるが、女は「何よこの犬、ウザいわね」とシロの気持ちを理解できるはずもない。
哀しみに打ちひしがれるシロのもとへ、しんのすけが迎えに来る所で終わり。

・シロとメスの野良犬
ある日シロは、凶暴な大型犬に襲われているメスの野良犬を助ける。
メス犬の方は、最初は「別に頼んでねーよ」とつっけんどんな態度で、どこかへ去ってしまう。
しかし、シロが毎日自分のエサを分けて運んでくれた事で、彼女は心を開いていく。
そんなある日、シロはしんのすけと散歩中に偶然そのメス犬と出会う。
メス犬の方は嬉しそうにシロに駆け寄るが、シロ達の目の前でスピード無視した自動車に跳ねられてしまう。
ドライバーはそのまま「やっべ、犬轢いちゃったw」「逃げちゃえ逃げちゃえw」と去ってしまう。
「おバカ、スピード出し過ぎだぞ、犬に謝れ!!」としんのすけが罵倒するも、空しく響くだけ。
間接的に自分が殺してしまった彼女を前に、悲しむシロ。
その夜、震えるシロの身体を抱き抱えるしんのすけで終わり。

922 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/18(日) 16:27:19.53 ID:TaSZO3Y70.net
・シロと、デカい野良猫
庭でお昼寝をしていたシロは、物干し竿からガリガリと妙な音がする事に気付く。
見ると、シロの数倍の体躯はあろうかという野良猫が、みさえの洗濯物を齧ってボロボロにしていたのだ。
すぐに吠えてみさえを呼ぶも、みさえが駆け付けた頃にはすでに野良猫は逃げていて、
みさえはシロが洗濯物をボロボロにしたと誤解し、ひろしの靴下でお仕置きする。

その野良猫は、シロの昼食中にまたやってきた。
「腹減った、それよこせ」と言わんばかりにメンチを切る野良猫。
負けじとシロも威嚇をするが、猫が地面を踏みつけた地鳴りだけで、シロはあっさりと倒されてしまう。
餌をとられ、プライドはズタズタにされ、いじけるシロ。

やがて時間がすぎて、夜になる。
その夜は大雨で、しかも例年より冷え込んでいた。
シロはまた猫が現れるかもしれないと、犬小屋にバリケートをはってから外をにらんでいる。
案の定猫は現れた。

しかし、その姿は冷夏にうたれ凍えている。
「凍え死にそうなんだ、頼む、助けてくれ……」と、猫はシロに助けを求めて来たのだ。
シロは一瞬考えるが、すぐにバリケートをどかして犬小屋に野良猫を招き入れた。
自分の身体で猫をあっためるシロと、優しさに涙する猫。

────単行本だとここまで。以下、雑誌掲載版────

雨のあがった朝になると、しんのすけが犬小屋の様子を見に来る。
野良猫とシロが寝ているのを見ると、しんのすけは勘違いして
「わーーーヘンタイだあ」「母ちゃん、シロのウチがでっかい猫に乗っ取られてる!!」と叫ぶ。
すぐに、みさえとヒロシが駆けつけて、猫を箒でバシバシ叩いて追っぱらってしまう。
「気づいてあげられなくてごめんね、シロ。怖かったわよね……」とみさえ。
「シロー、無事で良かったー」とシロを抱きしめるしんのすけ。

埃まみれになりながら、「裏切られた」と言わんばかりの顔でシロを睨み付ける野良猫。
「違うんだ」と言いたげに、クゥーンと小さく鳴くシロ。
しんのすけに抱きつかれて頬ズリされるシロと、小さく見える野良猫の背中で終わり。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする