シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】真面目な友達に彼女ができた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

420 :本当にあった怖い名無し:2007/05/10(木) 17:07:40 ID:t7k9oTeF0
最近まで付き合いのあった友達の話。

1年前のある日、友達が『彼女ができた』と電話してきた。
しかも、すでに同棲していると言う。
高校の時から「ザ・マジメ」と言われるくらいマジメな友達に、彼女ができたのを俺もよろこんで、
その1週間後の休日に、奴のアパートまで遊びに行った。
奴の彼女はとてもかわいくて料理もうまくて、俺は「いい彼女ができたな」と思った。

その夜、俺の家に、友達の母親から電話がかかってきた。
『○○(俺)君、今日●●さん(自分の息子をさん付けで呼ぶ)のアパートまで遊びに来たって聞いて、
 電話しました』
「はぁ、行きましたけど」
『どう思いました?●●さんの、その、同棲相手のこと』
「・・・・どうって・・・・?」
『何かおかしなそぶりとかありませんでした?』
と、こんな調子で、最後まで俺は質問の意味がよくわからず、
とりあえず「いい彼女だと思いますけど」と言って電話を切った。

421 :420:2007/05/10(木) 17:19:13 ID:t7k9oTeF0
で、それからしばらくして友達から、『相談がある』と電話がきた。
聞くと、友達の母親がほぼ毎日、奴のアパートまでやってきて、
彼女のいる前で「別れろ、別れろ」と連呼するらしい。
しかも、「神様がこの女と別れなければ●●さんが死ぬと言っている」
などととんでもないことを言い出し、おんおん泣きわめいてから帰る、という生活が2週間くらい続いている。
自分の恋愛が母親をおかしな宗教に走らせてしまった。どうしたらいいのかわからない。
というのが友達の相談だった。
こっちもわからないよと、俺も困ってしまった。
とにかく、「母親とよく話し合え」というありきたりなアドバイスをして電話を切った。
正直面倒だなと思ったけど、ずっと心配してた。

423 :420:2007/05/10(木) 17:32:02 ID:t7k9oTeF0
友達からの電話があって、しばらくして俺はまた友達のアパートまで遊びに行った。
前回行った時とはちがい、友達も彼女も元気がなくて、彼女はやつれているように見えた。

2人の話を聞いていた時、玄関のチャイムがすごい勢いで鳴り、
すぐにドンドンドンドン!と戸が叩かれた。
「開けなさい!!」
友達の母親だった。
友達も彼女も真っ青になっている。
俺はヤバイ時に来ちゃったなぁと思いながら固まっていた。
チャイムもドンドンもひっきりなしに続いている。
友達がため息をつきつつ玄関まで行って戸を開けた。
すごい勢いで友達の母親が部屋に入ってきて、俺には目も向けず友達の彼女に向かって手を合わせると、
「△×●◎&%#!▼∵○$¥」と、聞いたこともないお経らしきものを唱え出した。
友達が「お母さん、やめてよ!」と言っても聞かず、友達の彼女に向かってずっとお経を唱えている。

426 :420:2007/05/10(木) 17:46:25 ID:t7k9oTeF0
そして最後に、「きえーーーーーっ!」とすごい声で叫ぶと、
彼女をにらみつけながら「出て行け!どこの馬の骨ともわからないあばずれ!!出て行けーっ!」と叫び、
おんおんと泣き始めた。
それを言われた彼女も、「ワーッ」と手で顔を覆って泣き出した。
すっごい修羅場だった。
俺はただただいたたまれなくて、逃げるように家に帰った。

それから数日後、友達から彼女と別れたことを電話で聞かされた。
もうあの状況を見たら、それしか選択肢はないだろうと思っていたので、俺は大して驚きもしなかった。
ただ、あの彼女がかわいそうだなと思った。

それからなんとなく友達と連絡も取らずにいた。
で、つい最近、友達から『結婚するんだ』と電話がかかってきた。
例の彼女と別れた後、母親の「みそぎをしなきゃ」という勧めで母親と同じ宗教に入信して、
そこで出会った人と結婚するらしい。

『母親の言う通り、前の彼女のことは間違いだった。俺はとんでもないことになるところだった』
と、最後までさわやかに話す友達に、俺は心底ゾッとした。
本当にあの彼女はかわいそうだった。

431 :420:2007/05/10(木) 17:53:29 ID:t7k9oTeF0
読んで下さってありがとうございます。
正直、友達とはもう関わりたくない気持ちもあって、全然連絡も取ってません。
ただ、あの彼女がとてつもなくかわいそうで、
友達との恋愛が、変なトラウマになってなきゃいいなと思ってます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク