シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】家の近所の電話ボックス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

私が住んでいるところは
東京近郊のいわゆるリゾート地。

道路脇には小生意気にも
ヤシの木が定間隔で植えられており、
まぁ南国ムードを出そうとしている感じ。

そんな感じの街なので
カラオケ店や居酒屋、
パブなどのような類のものはほとんど無く、
夜ともなれば人気が無いどころか明かりさえない。

敢えて言うなら洒落た街灯や自動販売機のみが
晧晧と光っている。

私の住まいはマンションの3階で、
そのマンションの向かい側に大きな公園がある。

ある日の深夜3時頃、受験勉強をしていて眠たくなり
気晴らしにベランダにでて
その人気もなく明かりも無い公園
(12時頃になると公園の街灯は消されてしまう)
をボォーっと眺めていた。

何気なくうちから50m程先の
公園内の唯一の明かりである電話ボックスを見て驚いた。

深夜3時だというのに中に女の人がいるのである。

でも驚いたのは一瞬で見てみると
(後ろ姿だけしか見えなかったがけど)
よく言われているような長い黒髪で
白装束というような幽霊の代名詞ではなく、
おとなしい人が着るような服を着ていた。

何より受話器を手にしているのを見て
普通の人だとわかった。

さすがに気味悪いなぁ~とは思ったけど
別にこれ以上驚く程のことでも無いか、
と、息をついた瞬間、家の電話が鳴った。

「うわぁ!最悪のパターンじゃん・・・」

とよくある心霊話を思いだし、
ベランダでうずくまっていた。

電話は30秒ほどで鳴り止んだのだが、
怖さのあまり5分ほどうずくまったまま。

で、やっとのことで立ち上がり
恐る恐る電話ボックスを見たけど、
もうあの人はいなかった。

ホッとして腕を組むようなかたちで
ベランダの手すりにもたれ掛かり頭を下げたのだが、
今度は洒落にならないほど驚いた。

うちのマンションの真下に例の女がいたのだ。

目を大きく見開き、
口をこれでもかというほど大きくあけて、
形容しようのない笑顔でこっちを見ていた。

心臓止まるかと思うぐらいびっくりして
一目散に部屋に逃げた際に背中の方で、

「でてよ」

と一言聞こえたけど、もちろん振り返ることなどできず
ベッドにもぐりこんで怯えながら一夜を明かしました。

結局、実在する人なのか幽霊なのかわからなかったけど
それ以来夜の電話が怖くて仕方がない・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク