シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【意味が分かると怖い話】死を予告する息子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

俺の息子は、時々、(写真でも、画像でも)人の顔をじっと指さすという、妙な癖があった。

指をさされた人物が必ず3日以内に死ぬ、と言うことを知ったのは、つい最近のことだ。

今日も、テレビをつけようとしたとき、息子は、じっと画面を指さしていた。

付いたテレビには、大物議員の姿が。

へえ、こいつも死ぬのか。















「息子」が指をさした時にはテレビの電源はついていない。

電源のついてないテレビに映るのはテレビをつけようとしていた「俺」の姿である。

.

ということは、死ぬのは大物議員ではなく「俺」である。





…といった解釈が一般的なこの話には、実は盲点がある。
「息子」が「俺」を指さしていたという描写や、「息子」がどの位置からテレビを見ていたのかなどの位置情報が全くない。
つまり、「息子」が指さしていたのは「俺」であるという意見の他に、「息子」自身を指さしていたとも考えられるのだ。
また、もちろん、ここに登場しない第三者を指さしていたとも言えるだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク