シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】ウランバートルでは決して気を抜いてはいけない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

・2004年9月に首都ウランバートル郊外にて日本人がハエから一瞬のうちに目にウジを産み付けられるという事例が発生しました。
幸い迅速な対応で大事には至りませんでした。こうした事例が多数報告されているわけではなく、地域を特定することも容易ではありませんが、郊外に出かける際にはたかがハエと看過することなく、注意されることが必要です。
 蝿蛆症とは、ハエの幼虫がヒトの体内に寄生して起こる病気です。モンゴル医科大学の生物学教授 Dr.Gurbadamによると、上記のハエは学名Wohlfahrtia magnificaというもので、主に家畜に寄生しますがヒトに寄生することもあるそうです。
この場合、眼球、耳孔に一回あたり120~150個のウジを噴射する形で産卵※します。ウジの大きさは約1.5mm程度です。
 未治療の場合、失明に至った事例の報告もあります。
 ※:このハエは卵胎生なので産卵時には卵ではなく幼虫=ウジを産みます。

.

 ハエが寄ってきた場合は手で払うようにして下さい(ハエがぶつかったときには産卵されてしまっていることが多いです)。サングラスの類を装着するのも効果的です。
 治療法はウジを摘出するのみで、薬はありません。万が一ハエに産卵されたときは、すぐに水で洗浄して下さい。こすったりするとウジが入り込んでしまうことがあります。洗浄後、速やかに医療機関で受診して下さい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク