シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【人生最大の修羅場】首が短くて死にかけることもある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

395 :名無しさん@おーぷん :2016/12/23(金)11:58:26 ID:fRZ
首が短くて死にかけたことがある。
病気で甲状腺を全摘することになり、手術自体は問題なく済んで術後は寝てたんだけど、数時間後に息ができなくて目が覚めた。
そのまま窒息して気絶し、次起きた場所は集中治療室。心肺停止までいって病院内は修羅場だったそうだ。
何故そんなことになったかというと、甲状腺を取ったあとしばらくは首の中で出血して血が溜まるらしい。(手術の内容によるかもしれない)
普通の人は問題ないんだが、悲しいかな私は首が短かった。
首が短い→血を溜められる体積が少ない→普通の人は問題ない出血量でも私にはヤバい量
→溜まった血が気管を圧迫→「息できねえ!!」という流れだったそうで…。
事の顛末は大分回復したあとに聞かされたんだけど、「マジかよwwwwww…マジかよ…」って感じだった。死因:首が短かったからになる所だった。
多分私よりは病院と、病院で先生に本気で頭下げられて「これもうほんとに駄目なんじゃないか」とまで考えた家族の方が大変だったと思う。
心配かけてごめん…来世はキリンになるよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク