シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】もうひとつの日本史

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

高校の日本史の授業中での謎な話。

その日、私は歴史の授業がたるくって、ネムネム状態だった。
でもノート取らなきゃこの先生すぐ黒板消すしなーと思って、眠気と戦っていた。
そして、ハッと気づくと何秒間か寝ていたらしい事に気づいた。
ノートには、あのうつうつしてる時特有のへろへろ文字が。
で、やっべー寝てたとか思って、ノートの続きを取ろうとしたら、ノートを見て驚いた。

黒板に書かれてる内容と全く違う。
詳しくは覚えてないんだけど、戦国時代の辺りで、
教科書に載ってるのと全く違う歴史が自分のノートに書かれてた。
もう1つの歴史、って感じで。
勿論寝てたので手が勝手に字を書くワケないし、そういう夢も見ていなかった。
その内容がなんか、あまりにも気味が悪かったので即行消した。

事実はそうではない。今の時代には少し違って伝わっている…云々って感じの。
今思えば、そのまま残しておけばよかったと思う。
笑い話の種にはなったろう。

なんせ10年も前の話なんで本当にうろ覚えで申し訳ないんですけど。
確か、徳川家康か豊臣秀吉辺りの授業だったと思います。

○○(誰か不明)の策により失脚した××(これも忘れた)だが、
実際は△△(これも以下略)によるものであった。
だがこれは公にはされておらず、後世の今の世には××の策という、
風評を信じられたものになっている。
この事件により人知れずこの世を去っていった者、都を追われた者も少なくない。
この細かな違いが今の世に影響を及ぼしているかは定かではないが、
また少し違った歴史になっていたことは確かであろう。

てな感じだったと思います。
ほんっとにうろ覚えなんです、すいません…。
歴史弱いのもあって昔の人の名前とか弱いんです…。
でも、戦国時代の辺りだっていうのは自信があります。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『【洒落怖】もうひとつの日本史』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/04/02(日) 20:04:28 ID:8a02bee8c 返信

    前世の記憶か憑依されたか