シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】事故車両の解体作業で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

俺の知り合いが車の解体屋をやってるんだが、
ある日事故車両の解体を警察から頼まれて、引き受けた。

んで警察から来る奴って、警察が死体やら書類やらを全部処理して引き渡すんだけど、
誰も気持ち悪がって従業員は解体をやらなかった。

んでそいつは、従業員に特別ボーナスをつけるからといって一緒に解体してたんだけど、
警察が調べた後なんで、何も問題なく足回り、エンジンを取り出して
後で全解体するためヤードに投げてたんだ。

2週間後異常な匂いが会社からするんで、もしかしてと思い、
例の車を引っ張り出して調べたら、
ダッシュボードにコンパクトに詰まった死体が出てきた。
友人曰く、ダッシュボードは一番最初に絶対に見るところ
(書類系やお金が入ってるからね)
二人で確認した時はなかったのにとのこと。

警察を呼んですぐに現場検証したけど、
警察のほうも頭を傾げて死体の数が合わないが
ダッシュボードの死体は事故で亡くなった者と一致したとのこと。
警察の中でもこういった不可解なことが起こるから、
結局死体の一部がダッシュボードに入ったんだろうとのこと、
ダッシュボードを確認してなかったとのことで強引に決着した。
警察のほうも解体屋の事情ぐらい知ってるから、
友人と従業員をかなり取り調べたみたいだけど
その死体が事故したときの死体と一致してたから非常に不思議がってた。
その友人と従業員は何度も確認したダッシュボードに
どうして死体が入ってたか考えないことにしてるみたい。

ごめん肝心なところが抜け落ちてた。
フロントガラスが人が通れるぐらいの穴が開いてて、
警察も車の車外に人が飛ばされたと思って、事故近辺を捜索したが、
死体が出てこなかった。
これ書いてなかった。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク