シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】老先生が話してくれた戦時の体験

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

オレが小学生のころに聞いた、先生の体験談を書きます。

地元では有名な事件。
1945年の7月某日、傷病兵や動員された学徒など
1000人以上で満員だった列車が、米軍艦載機の攻撃を受けた。
いまネットで調べると、艦載機40機による、
30分にわたるすさまじい無差別攻撃だったようだ。
赤十字のついた、傷病者の車両も攻撃されたようだ。

話してくれたのは、家庭科の老先生だった。
当時、小学校に上がる前だったそうだ。

なんでも、走行中の列車に、突然上空から戦闘機がたくさん飛来し、
機関銃(おそらく12.7mm機銃)で撃ちまくられたそうだ。
列車の中はパニックになって、列車が止まると他の乗客と同じく、
両親ともに車外へ逃げたそうだ。

そこへ、艦載機の攻撃が再び来たそうだ。
逃げまどう人々に、容赦なくあびせられる弾丸…。
機関銃の土煙が、きれいな間隔で地面に土煙を上げていたそうだ。

ネットで見たことがあるが、12.7㎜の弾丸で撃たれると、
1発でも、人間の体は真っ二つに、ちぎれ飛んでしまう。
地獄だった。そう先生は言ってた。
わかる。そんな弾が雨のように降ってきたら、どうなることか…。

先生が生き残ったのは、奇跡的だったそうだ。
両親とはぐれた先生が、懸命に探そうとして走ろうとしたとき、
だれかが足をつかんだそうだ。
おそらく撃たれてのたうちまわった者が、反射的につかんだのだろう。
その拍子に先生は転んだ。そのとき、

どどどどどどどどどどどどどどどどど

そんな音を立てて、目の前に土煙が並んだそうだ。
そう、転んでいなかったら、ミンチになるところだったのだ。
だが、先生のご両親は、その銃撃の犠牲となったそうだ…。

夏になると、この話を思い出します。
オレが幽霊よりも生きた人間のほうが恐ろしいと感じるのは、
たぶんこの話がこびりついているからかもしれません…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク