シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】俺が死にかけた時は、こんな感じだったよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

俺がほとんど死んだときの話をしよう

小学校時代に野球で遊んでいるときにボールが心臓直撃して心停止したんだが
心筋は随意筋じゃなくて自律筋だし自覚までにラグがあるんだ。
俺の場合は気付かずに結構走り回ってたな
だが、やっぱり兆候はあって走れば動悸がするもんなんだが
全力で走って息一つ乱れない辺りで違和感は感じていた。

話を戻すと、野球していて、気付くと自分がグラウンドのど真ん中で
orzしていることに気付くんだよ
全身の筋肉が酸欠で思うように動いてくれないのな
よくよく考えてみると自分が呼吸できないことに気付くんだ(呼吸停止)

さすがにマズい、と呼吸をしようともがくんだが
本当にヤバくなったら死後硬直じゃないが
全身の筋肉が収縮してまともに動いてくれないんだな
あの状態から自力で動くのは難しいだろう

この辺りで五感の感覚器がまともに動かなくなってきた

.

視界が真っ暗になったと思ったら目の前がチカチカして
まともに映像が映らなくなるんだ
わかりやすく言うとドラマで人が死ぬシーンがあるだろ
アレってかなり忠実に再現してあるんだな、確かに近い感じだったよ

これで心臓停止、呼吸停止、瞳孔散大の古典的な死の定義を満たしたことになる
その辺で俺の理性は消し飛んでしまったんだが、それはまた別のお話
俺が死にゆく動画は今はもう残ってないんだが
それは壮絶なものだったらしく原因を作った奴は精神を病んでしまって
寮付きのいわゆる不登校の更生施設に行ってしまったよ

まぁ体には気を付けろってことだ。
俺はその後、運よく生き残ったが、人なんて脆いから
すぐ死んだり狂ったりしてしまうよ
この一件から母校にAEDが備え付けられるようになったという
嘘のような本当の話

詳しく知りたきゃ「心臓震とう」でググれ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク