シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】現在、故あって求職活動中で某集合住宅の最上階に住んでいます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

現在、故あって求職活動中で某集合住宅の最上階に住んでいます。

一昨年の秋頃、隣室からと思われる異臭が日々強くなってきているので
管理事務所に通報。
警察の方が来て調べた結果、隣室の方は亡くなっていました。
夏に部屋を閉め切って、クーラーをつけたままの状態だったので、
臭いが漏れにくく、発見が遅れてしまい、死後3ヶ月は経っており、
なかば溶けていたとの事。

そんな事があった隣に住んでいるのは正直気分良くはありませんでしたが、
もっと早くに通報していてあげれば良かったと申し訳なさで一杯でした。
(後からその方が私と同い年であると聞きました。)

そんな忌まわしい記憶もようやく薄れてきた今日。

目覚めると、昨夜の夜更かしがたたってか午後3時近くでした。

いくら今は仕事してないからといって呑気過ぎるな・・・などと思いながら
寝室から居間へ移動、居間のカーテンを開けてみると、そこは真っ白な世界。

最初は、すごい霧だな・・・と思ったのですが、霧にしてはオカシイ、
何か変だなと思ってベランダに出てみると、隣室(例の孤独死の部屋とは反対の隣室)から真っ白い煙がモクモクと出ているではありませんか。

.

頭の中が真っ白になり、しばらくベランダで固まっていましたが、急いで部屋に戻り、119番通報。
起き掛けで頭ボサボサだし、顔も洗っていなかったが
そんな事構っていられないので、ジャンパーをはおり、財布と携帯だけ持って
急いで部屋を出ました。

下まで着くと、避難した同棟の方々や野次馬が集まって来ていました。

火元(隣室)のドアに鍵が掛かっており、管理事務所も合鍵は持たないという
方針ですので、ドアをこじ開けるのに手間取り、2時間後ようやく鎮火しました。

私は通報者、及び隣室住人という事で、警察と消防に簡単な事情聴取を受けました。

部屋に戻って良いとの許可が出た時に、警察の方に「誰か亡くなりましたか?」
と尋ねると、1人死んだとの事でした。(火元の部屋)

古い建物で、コンクリが分厚かったお陰で、触ると壁がまだ熱く、
部屋全体が蒸し風呂のようで焦げ臭い以外に、家財等に被害はありませんでした。

しかし、私がここに越してきて4年余り、両隣を孤独死と焼死に挟まれる形になってしまいました。

これがネタなら、どんなに救われる事でしょう。本当に洒落になりません。

この棟には死神が居て、私の部屋は通り過ぎていってしまった
とでもいうのでしょうか?

これからこの少し焦げ臭い部屋で眠ります。
実家に帰ろうかとも思いましたが、親には余計な心配は掛けたくありません。

長文失礼しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク