シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】「かっぱの手」と呼ばれるシミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

俺が小学1、2年生くらいだった頃、通学路で普段通る、地下道の天井に
「かっぱの手」と呼ばれる大きなシミがあった。
それは見ると確かに4本指の手のような形をしていて、両端が少し短い。
それが河童の手の特徴なのか、単にそれっぽく見えるというだけなのかよく解らなかったが、幼心に結構不気味だと思っていた。
そのかっぱの手には、傘で突くと呪われるやら祟られるという噂話があって、
地元の子供の間ではそこそこ有名な名所だった。

雨が降ったある日の下校中、いつもの4人グループでいつものようにその地下道を通ると、中でも特に体格のいいT君が、例の手を指差して「肝試しをしようぜ」と持ちかけてきた。
「突けなかったやつは荷物(ランドセル)持ちな?」
1人は嫌がっていたが、俺ともう1人の子は割と怖いもの好きなほうなので、その話に乗っかった。
どうせ手の形っぽく見えるだけの、ただのシミだし、祟りなんて実際にあるわけないだろう。

そうは思っても、地下道というのはかなり薄暗く、下校する時間帯の夕暮れ時なんてかなり怖い。
俺を含め3人は、シミと睨み合いつつも逃げ腰で、なかなか行動に移せなかった。
そうこうしているうちに嫌がっていた子が、
「もういいじゃんそんなの・・・早く帰ろうよぉ。どんどん暗くなっちゃうよ・・・」と業を煮やした。
それを皮切りに、T君が思い切って、かっぱの手を傘で突いた。
「・・・やった!俺優勝!」
一度やってしまえばもう気負いしなくなったのか、その後も何度も突いてみせた。
それに興じてもう一人の賛同者も突いてたかもしれないが、よく覚えてない。
俺はこの間傘を壊してしまったばっかりで、母に叱られたのを思い出し、むしろその手のシミより
母親の方が怖くなったのでやめておいた。

次の日の土曜日、友達の家に遊びに向かう最中、例の地下道のある道に差し掛かると、そこには、犬の死体が、道路のど真ん中に転がっていた。
首から上が無く、頭の中身と思しきものがグチャグチャに飛び散り、散乱していた。
そのまま放置するには偲びなかったが、あまりにもグロテスクな光景に嫌悪感を覚え、とにかく先を急いだ。
今思えば、業者に連絡したほうが良かったのだろうが、当時はその発想が無かった。
帰宅する頃には、死体は掃除され、血痕だけ残っていた。

後日登校したとき、クラスメイトに件の話をすると、その犬は、T君の家で飼っていた犬の死体だと訊かされた。
T君の母が飼い犬と散歩中、信号待ちをしている際に突如縄が切れてしまい、
何故か犬が大通りをいきなり横切って、弾かれてしまったらしい。
ちょうどかっぱの手がある辺りの真上で。
T君自身もその話を震えながら周りにしていたようで、大分不安と恐怖に駆られていたようだ。
それ以来、その事を知っている子は、皆その地下道を避けるようになった。

今はもう道路が拡張され、新しく歩道が出来て、地下道は下水道になっていたが、
今もあのシミ自体は残っているんじゃないかと思う。

この話を成人式の二次会で、当時のT君と、中学時代からの友人Yの前で話すと、
隣で静かに訊いていたT君が俯き加減に口を開いた。

「実はあれな……手じゃなかったんだ」
「手じゃない……?」
「まあ自分家の犬があんなことになったからさ、当時相当怖かったんだよ。だから、じいちゃんとか
その手に纏わる事を何か知ってる人はいないかって、必死で訊いて回った事があるんだよ。
それでさ、両端の指短かっただろ?あれが手っていうか、腕で、中の2本が足なんだ」

もう一人の友人が咄嗟に言った。「それって……河童そのものってこと?」
「逆さまにしてみ?」
俺は背筋に寒気を感じながら答えた。
「首のない人の姿……」

「昔さ、あの地下道の辺りは川だったんだよ。台風が来たときとかよく洪水になってさ、水害が酷かったらしい。
それで、人柱を立てて、堤防を作ったんだよ。人柱ってわかるか?」
Yは言った。「生贄えってことだろ?」
「そう」
「あの場所でそんなことが……」俺は予想だにしない話に唖然とした。
「まあ昔はそんな珍しいことでもなかったと思う。地方なら何処かしらあるんじゃないか?
それで川の神に……女の人の首を捧げたって話らしい」
「まさか、それであのシミが出来たっていうのか……?」
「わからん……どういう経緯で、その人柱が決められたかどうかまでは、
さすがに知っている人はもう居ないだろうし、資料なんて見つからないし……
ただ、いつ頃からか、あの地下道の手のようなシミには、良くない噂が経つ元になった
“何か”があったんだろ?俺が傘で突くより前に」
「とても信じがたいけど、それで……俺が見たあの犬の死体に首が無かったのは……」
「本当にそうなのかは解らんけど、俺は、少なくとも俺は、身代わりになってくれたんじゃないかと、勝手に思ってる」
「じゃあ、あれは……あのシミは”ホンモノ”だったってことか……?」
T君はそれ以上語らず、俺も口を閉ざしていたとき、中学時代からの友人が問いかけてきた。
「ところで、もう一人傘で突いた子がいたんだよな?その人は今は?」
そのもう一人の彼は、中学からは別の学校だったので、小学校卒業後は一度も会っておらず、
実家も引っ越して連絡先もわからないので、その後どうなっているのかは知らない。
少なくとも当時は何も無かったので、たぶん大丈夫だとは思うが……。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク