シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】不景気が生んだトラウマ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

自分としては死ぬほど洒落にならなかった話。
幽霊とかは出てきませんが。

私の父は不動産屋を経営していたのだけれど、私が小1くらいの頃はピークに
景気が悪かったようで、子供の私の目から見ても父は憔悴しきっていた。
そんなある日の夕方、私が居間でテレビを見ていると、玄関でガタガタッ!!という
音がして、中年の女性のものすごいわめき声が聞こえてきた。

びっくりして玄関に出てみると、包丁をもったおばさんがわめきちらしていて、
父は一生懸命とりなしていた。
「あんたのせいで私はめちゃくちゃになった!!!」
「あんたの家族を皆殺しにして私も死ぬ!!!」
おばさんは本で読んだ山姥のようで、目は血走っていて髪もぐちゃぐちゃで、この世の人じゃない感じだった。

あまりのおばさんの形相に私は泣いてしまい、私に気がついたおばさんは
「お前が娘か!!あんたの親父のせいでわたしは○×△○~~~~(まったく聞き取れない)」
父「あっちいってろ!!!」

.

私はすぐ居間に逃げて、騒ぎがおさまるのをじっと待った。そのうちわめき声が聞こえなくなって、
もう大丈夫かな…と思い安心した私は、顔を洗おうと洗面所に向かった。

顔を洗ってタオルで顔を拭こうとした時、ふっと人の気配がした。
タオルで顔を拭いて鏡を見ると

おばさんが私の後ろに立っていた。

驚きと恐怖のあまり声も出せず身動きひとつとれなかった私に、

「あんた、よく見るとかわいい顔してるじゃない。でも、いざとなったら
あんたにも死んでもらうからね。」

と呟き、包丁を握り締めていた。

私はあの時のおばさんの顔を、声を、一生忘れないと思います。
おばさんはその後帰っていったが、ほんとしばらくトラウマでした。
どうも父の仕事関係の話で揉めていたようで、おばさんは不動産で大損したらしく、父を殺そうとやってきたらしい。

幽霊よりも、やっぱり人間が怖いです…。
お目汚し失礼しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク