シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】コントロール不能のエレベーター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

不能のエレベーター…
私が働いているビルは、地上12階地下2階建て。
持ち場は地下1階。

その日は仕事が多くて3時間残業、タイムレコーダーを押した後、エレベーターで12階まで登り、社食横の喫茶コーナー(自動販売)にて珈琲を飲み寛ぐ。

かなり疲れがたまっていたのだと思う。
ソファーでうたた寝してしまった。
起きたときはもう午後9時近く、早く帰らなきゃ。

下りのエレベーターに乗った後、寝起きでぼーとしていたので、1階のボタンを押し忘れ、はっと気付いたときは地下2階までエレベーターは降りてきていた・・
ところが、なぜか止らない・・

地下2階まで降りた後もエレベーターは止らず、どんどん、どんどん降り続けていくのです。
止らない。
急に怖くなって1階のボタンを慌てて押したのだけれど、なぜか機械が反応しない。
まるでコントロール不能。

いったいどうなっているのか、ほとんどパニック。
なぜエレベーターは止らないで降り続けていくのか。
もう500階分?くらいは降りる感覚が続いていた頃になって、ふっと我にかえった。

.

そうだ。緊急マイクで警備に連絡が取れるはずだ。

備え付けの受話器を手に取ろうとしたところで、地震かと思うほどエレベーター全体がガタンと揺れて止った。
あまり唐突で激しい揺れだったので尻餅をついてしまった。
そして扉が音も無く開いた。
なぜかそこは、12階よりひとつ上の屋上階の小ホールだった。

まるで狐につままれた気分で、何が何だかわからない気持ち。
地下の底まで降りてきたつもりだったのに・・?

とにかく、真っ暗な屋上階に1人で居るのは怖い。
再びエレベーターに乗るのも恐ろしい。
しょうがないから階段で1階まで降りていった。
階段は非常用なので、けっこうシンドイのだけれど。

結局、単に私が寝ぼけていただけなのだろうと思って、この話は誰にもしていないけれど、あの時のわけのわからない恐怖は当分忘れることができない。
気味が悪いので1人でエレベーターに乗ることができなくなってしまいました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク