シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】”爺ちゃん助けてくれ!”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

ちょっと前の実体験です。

あれは俺がまだ学生で、地方の大学に行っていた時だった。
その日は適当に授業に出た後、いつもどおりにバイトに行き、帰宅したのが午前零時半頃だった。
一風呂浴び、ビールを一缶空けた後、明日は一限があることを思い出した。

夏にしては、すごしやすかったので、霊など信じていなかった俺はアパートの一階に住んでいたにもかかわらず、ベランダに出られる窓とドアの上部にある窓を開けて風の通りを良くし眠る事にした。

ちなみにベッドはベランダ側に頭、ドア側に足になるよう配置してあった。
当時、不眠症気味だった俺は寝つきを良くしようと軽く筋トレをし、ウイスキーを一杯飲んで床についた。
…午前二時過ぎ…

……ふと目が覚めたとき、俺は顔は左向きでうつ伏せになっていた。
いつもの不眠症の症状で、また夜中なのに目が覚めちまったと思い、水でも一杯飲んでまた寝ようと体を起こそうとした時だった…

体が動かない…
俺は人よりも体力がある自信があった…
寝ぼけているんだ。気のせいだろうと思ってさらに力を込めた…
だが動かない…

”金縛りだ…”
初めての事に焦りを感じた。

その時、ベッドのすぐ横のあたりで誰かが歩き回るような
「ミシミシッ!ミシミシッ!」というような音が聞こえた。
”ラップ音ってやつか?…”
聞くのも初めてだった。

その音は次第に壁を歩き回り、今度は天井に移っていった。
「ミシミシッ!」
その一方で俺にはずっと「キー…ン…」という耳鳴りのような音が聞こえていた。

しかし一瞬にして…それらの音が何も聞こえなくなった。
俺は、冷や汗がジワリジワリ出てくるのがわかった…
耳を澄ませてみると辺りを静寂が包んでいた……
いつもどおりの…静かな夜

……おかしい……音が…今度は音が何もしないのだ…

俺の部屋には冷蔵庫があるし熱帯魚も飼っていた。
それらのモーター音は常にするはずだった。
しかし、何も聞こえなくなったのだ。
聞こえるのは自分の鼓動だけ
…ドクン…ドクン………

ゴクリ…
とツバを飲み込んだその時、頭側の窓からぬるいような風が吹き込んできたのを感じた。
そしてなぜか体は動かないのに俺は感じた”誰かいる…”
その時、俺は気付いてしまった……
うつ伏せに寝ている俺の右足の先に誰か立っているのを。

そいつはそこに立ちうつ伏せに寝ている俺をジーっと見下ろしていた。
何かを品定めしているのか…観察しているのか…
そいつは俺を見ている…

何分か経ったのはわかる…長い?短い?かわからない…
そいつは身じろぎもせず見ている。

ついにそいつが動いた…
ベッドの上に乗ってきた…
しかしベッドはきしまない。

そいつはさらに俺のふくらはぎの上にのってきた。
生暖かく少しぬめるような感触があった…
俺は心の中で”南無阿弥陀仏…何妙法連…”知ってる限りのお経・お祈りを唱えた。

その時何故か俺の頭の中に一つの言葉が出てきた
”爺ちゃん”
俺が生まれて間も無く死んだ爺ちゃん…
親戚から爺ちゃんは魂をお前にあげてから逝ってくれたんだよと聞かされた。

見えるという人に言わせると爺ちゃんは俺の右肩あたりにいるらしい。
俺の上にのってきたやつがもう一歩踏み出そうとしたとき、俺は心から
”爺ちゃん助けてくれ!”と念じた。

その時、見えはしないが俺の背中の方で「パチン!」と何かが弾けるような音がし、俺にのった奴が倒れこんできたのだった。
バターンと倒れこんできた時、迫ってくるあまりの勢いに俺は
”ぶつかる…霊体に潰される”と思ったんだが、奴は俺の背中に覆い被さった瞬間、俺の体を通りぬけ消え去った…

「クゥゥ… タリ…ン カエ……レ…ル…ノ…」と言葉を残して…

それとほぼ同時に金縛りが解けた俺は、今起きたことが信じられず、窓を全部閉めた。
実は夢を見ていて本当に泥棒が入ってきたんじゃあないか?と思い、一通り部屋を確認した後で水を飲み、落ち着いたところで、汗で濡れたTシャツを着替えようとした。

鏡の前でTシャツを脱いだその時、俺は霊が背中に倒れこんだのを思い出し鏡を見た……
そこには、右足のほうから斜めに背中を横切る人の体のラインが赤く痣のように残っていた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク