シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】6時位に着いて携帯鳴らしてたら相手は出るんだけど何話してるか分からなかった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

今年の7月20、21日。彼女と四万温泉に行きました。
その時の話です。
かなり長い話では有りますが、お付き合い願います。

20日は6時に出発の為、前日は早く寝ようと思っていましたが、友達に誘われて朝4時位まで飲んでいました。
当然、酒は控えめです。

家に着き風呂に入り準備して寝るかと思った時には5時ちょっと過ぎ。
寝たら起きれないし彼女は凄く楽しみにしてる為、遅刻も出来ないので寝ないで行く事にしました。

本読みながら布団の上をゴロゴロして2、3分位すると目の前が真っ白に。
立眩みの時によく似ていました。

なんだ?って思い、まばたきしていると今度は頭が痛くなってきました。
目の前は真っ白、頭は激痛。
しかし、突然何事もなかったように良くなりました。
頭痛は風邪、二日酔いとかとは違い初めてくらった感覚で不思議に思ってると、携帯が鳴りました。

「あ、聞こえた。起きてる?着いたよ。」
さっき時計を見た時は5時位なので、やけに早く来たなと思って時計を見ると6時18分。
「途中で寝たのかな?良く起きれたな。」と思い家を出ました。

彼女「6時位に着いて電話したら出るんだけど何話してるか分からなかった。
寝ぼけてるとかじゃなかった。何回もかけたよ。なんで?」

聞かれても分かりません。
それに携帯が鳴ったのは1回だけです。
車で頭痛の事を話しました。

寝てないし、酒入ってるのに気分は最高でした。
旅館に着き温泉に入って御飯を前にビールで乾杯。
その後、途中で買って来た日本酒を飲みました。

ガッチリ酒を飲んだ後布団を敷いて二人でゴロゴロしていました。
彼女は先に眠りにつきました。

すると、昨日と同じく目の前が白くなり頭痛がしてきました。
右隣に寝ている彼女を起こそうと右手を伸ばすと届きません。
手をバタバタしていると頭痛が無くなりました。
どうしたんだろ?どっか体でも悪いのかな?と思って起きました。

そして、右の彼女に目をやると居ません。
あれ?って思うか思わないかの極短い時間にここが泊まっていた旅館じゃないと認識し、どこに居るかも分かりました。
分かりましたが何故ここに居るのか分かりませんでした。
居る所は分かるが状況が全然把握出来ないのです。
頭痛が直って起きた時に居た場所は自分の部屋。

どうして自分の部屋に居るか考えましたが全然分かりません。
あるとしたら、不眠、酒入りで温泉に行って酒を飲んだ為にぶっ倒れて彼女が家に運んできた。
それぐらいしか思い付きませんでした。

とにかく彼女にメールしようと携帯をとった時、さらに分からなくなりました。
日付が7月20日 5時13分。
ちょっと考えてから下に行き新聞で日付を確認しました。
7月20日。
テレビ、その他の時計、日付が分かる物全て見ました。
7月20日。
近くのコンビニに行って新聞を見ました。店員に聞きました。
7月20日。

今まで体験した事は、夢だったのか?
考えたが理解出来ません。
家に着き呆然としてると携帯が鳴りました。
6時3分。
着信欄には彼女の名前が。

電話を取って「もしもし」彼女「着いたよ~」俺「じゃ~今、行く」
彼女「お~い、もしもし~。もしもし~。」プチィ。プープープー。
その後、何回か電話が有りましたが話せません。
聞こえてないようです。

「6時位に着いて携帯鳴らしてたら出るんだけど何話してるか分からなかった。
寝ぼけてるとかじゃなかった。何回もかけたよ。なんで?」

彼女が言っていた言葉を思い出しました。
意地でも話そうと何回も取りましたが結果は同じです。聞こえていません。

そのうち 「もしもし」 彼女「あ、聞こえた。起きてる?着いたよ。」
昨日?(今日?)携帯で話した返事と同じです。
時計に目をやると6時18分。
ものすごくリアルな予知夢を見たんだと強引に納得させました。

車に行くと、前と同じ内容の話しをしました。
この出来事を言おうと思ったのですが、なんか怖くて言えませんでした。
と言うより言う気になりませんでした。

同じコンビニに行きました。
同じ物を買いました。
それ以外買う気になりませんでした。

なんで同じ物を買ったんだろうと思った時に、ある事を思い付きました。
「昨日(今日)と違う行動をしたらどうなるのだろう?」
って言っても違う道を通るか違う物を買う位しかありません。
人生を左右するような事も違う行動をして左右する事になるとも思えませんが、違う事をする事によって何か変わるのか知りたかったのです。

あの時、こんな行動をしてれば、しなければ、と考えた事は皆様も有ると思います。
それは、ほとんどが大小問わず人生を左右する場面だと思います。
人生を左右しなくても違う行動をする事によって将来が変わるのか?

この時、ものすごくリアルな予知夢から時間が戻ったんだと考えが変わりました。
妙にハイテンションになってました。
車での話は昨日(今日)と同じです。
彼女に変わりないようでした。

最初の方は道は同じです。
その内、分岐しても大丈夫な所に来ました。
昨日(今日)と違う道を進もうと思ったのですが、結局同じ道を進みました。
そっちに進む気が無かったのです。
ちょっと前まで曲がろう曲がろうと思っていたのに直前になると違う道に進む気にならないのです。

何回も何回も試みますが、直前になって気が失せるのです。
彼女に運転してもらえば何かが変わると思って車を止めました。
車を止めた場所も昨日(今日)買い物の為に止まった店です。
その店には、目当ての物が無いのは分かってました。でも見て回りました。

結局、自分が運転しました。全部同じです。
進む道も、記憶にある風景も、会話も、立ち寄った場所も。
何もかも同じです。
違う事は、自分の考えてる事だけです。
でも不思議と2回目の会話なのに楽しさは変わりませんでした。

そして、問題の夜がやって来ました。
また頭痛がして~と考えました。
この時に昔テレビでやっていた「世にも奇妙な物語」を思い出しました。
その物語で、主人公は同じ時間を繰り返すと言う話です。
ある時間になると時間が戻るのです。

また、戻ったりしないだろうか?心臓がバクバクし、恐怖を感じてました。
気付いた時には、朝を迎えていました。
横にはスヤスヤと寝る彼女が居ました。
今までの人生で一番安心した朝ではないでしょうか。
ちょっとした時間の進みと、大幅な時間の戻りはなんだったんでしょうか?

世の中には有るか無いかを証明出来ない物や出来事があります。
運命もその中の1つと思ってます。
自分は運命は無いと思ってます。

今回の事が時間が戻ったとして、同じ行動しか出来なかった事を考えると、運命は有ると思わせるのに充分ですが、時間が戻ったと証明は出来ません。
リアルな予知夢かもしれません。
何より1回目と2回目とでは自分の考えが違うのです。
運命が有るのなら考えも一緒なのでは?と思うようにしました。

この話は彼女を含め友達が集まった時に話しました。
かなりの論争を巻き起こしました。
その時に、1人の女の子が「前、○○に会った時にAは思い出せなかったよね。その時は時間が進んでたんじゃない」(Aは自分)

人との出会いは記憶の中でも、かなり残ってると思うのですが、自分は○○ちゃんの事は覚えてたのですが、出会いが覚えてなかったのです。
1回目に会った時と2回目とでは2ヶ月も経ってないって事なのですが、出会いを覚えてませんでした。
でも、○○ちゃんの事は知ってました。

1回目の時には一緒に飲んだらしいのですが覚えてません。
その時は不思議だなと思ってましたが、旅行の事で有る結論を出しました。
「時間が進んだり戻ったりする事は有るが自分には認識が無い。」
今回の旅行の時は偶然認識しただけ。
なんの偶然かは分かりませんが。

皆様も会った事有る人だなと思うけど誰か思い出せない時、知っている人だけど出会ったのがいつか分からない時、記憶が本当に無いのなら時間が飛んでるかもしれません。
自分が認識してないだけで。戻ってる事も含めて。

長々とお付き合い有難う御座いました。
<終り>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク