シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】ポケットモンスターの登場人物タケシの裏設定が濃くて重かった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

809: ポケモンのタケシ 1/2@\(^o^)/ 2015/01/13(火) 09:05:33.41 ID:YlZJutzY0.net
最近知ったんだけど、ポケットモンスターの登場人物タケシの裏設定が濃くて重かった
wikiとかからそのまま引用と、分かりやいように改編

タケシ(年齢は15歳→18歳らしい)はポケモンジム(ポケモンバトルの道場)を経営しながら男手一つで大勢の弟妹の世話をしていた
長い間不在だった実の父が帰って来たため、タケシはジム経営と弟妹の世話を父に任せ、本来の夢だったポケモンブリーダーを目指して主人公の少年サトシと供に旅立った

タケシはしっかり者で硬派で頼れるお兄さんで、ポケモンだけでなく生活の面でもサトシの旅をサポートしてくれる
でも唯一の欠点は物凄い女好きであること。美人の「おねえさん」に出会う度に恋に落ちて猛アタックするけど、毎回ふられてしまうというのがお約束のパターン

・小説版のタケシ
そこでは、アニメでは語られなかった(もしくは、語ることをはばかられた)設定が存在する
ジムリーダーは3回連続で挑戦者に負けるとリーダー資格を剥奪されてしまい、ジムは廃業となる
リーダーに跡継ぎがいれば、3回連続で負けても、跡継ぎにリーダーを引き継がせることでそのままジムを存続できる特例が存在していた

810: ポケモンのタケシ 2/2@\(^o^)/ 2015/01/13(火) 09:05:59.42 ID:YlZJutzY0.net
・タケシの両親と弟妹たちの存在
タケシの実の父親は、ジム戦に負け続け、それを恥じて夜逃げをしてしまう
タケシの母は、当時は幼かったタケシを後任のリーダーとするわけにいかず、ジムを存続させるために強いポケモントレーナーと再婚した
と、同時に、今後の存続のための跡継ぎ(タケシの弟妹)を増やすことになる
だが、再婚したトレーナーはまたしても負け続けて夜逃げしてしまい、結果として母親は再婚と出産を繰り返すこととなる
そして、タケシがジムリーダーになれる年齢になったとき、再婚相手とともにとうとう母親までも夜逃げしてしまう
こうして、タケシの元に残されたのは、たくさんの異父弟妹たちであった

・タケシのお姉さん好きの真実
上記のように、タケシは幼い弟妹を抱えて、その上ジムリーダーとしての激務もこなさなければならない
そのため、自然と包容力のある年上の女性を好きになってしまう結果となった。それがお姉さん好きの本当の理由である。タケシがお姉さんを見て一番初めに考えることは「弟妹の面倒を見てくれる優しい人だろうか?」である

この設定を知っていれば、『タケシのパラダイス』というタケシのテーマソングも、一層深い味わいとなるだろう

『タケシのパラダイス』
惚れっぽいのは分かっています
ハートがぽろぽろこぼれ落ちて
足の踏み場も無いくらいです
軽すぎるって思われたって
何やってんだかって笑われたって
僕には僕の夢がある
(中略)
ふられるつらさも分かっています
ハートがへなへな萎みきって
ただ笑うしかないくらいです
こりない男だなって思われたって
まるでピエロみたいだなって笑われたって
僕には僕の夢がある
(以下略)

ちなみにこの歌は一時エンディング曲だったんだけど、苦情が相次いで打ち切られた

811: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/13(火) 09:09:41.01 ID:YlZJutzY0.net
何気にタケシの父親ムノー(無能?)も気の毒に思える
妻と幼い息子を捨てて蒸発して数年後に帰ってきたら、妻が蒸発してて、自分が不在の間に妻が他の男とこさえまくった大勢の少年少女の父親にされるとか……

819: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/13(火) 16:37:11.07 ID:YafyQJjN0.net
>>810
タケシのパラダイス聴いてきたけどなんで苦情が来たんだろう
どうってことない内容に聞こえるけど

821: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/13(火) 19:53:10.28 ID:CG6hgiKu0.net
>>819
結構EDで聞いてた印象だったが、苦情来てた事自体に驚いたわ

812: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/13(火) 10:04:10.08 ID:5LC56hvs0.net
アニメの方には普通にタケシの父親出てるし
兄弟みんなその父親のコピペみたいな顔してるけどな

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク