シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】「あったあった」と、間の抜けた声が小さく聞こえた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

こんなこと話していいのかわからないが、一応時効ということで。

10年以上前、俺が高校1年の時に、よくツレと一緒に郊外の廃屋に忍び込んでシンナー吸ったりしてた。
そこは先輩たちから譲ってもらった場所で、もとラブホだったらしくて幾つかの部屋にはベッドも残ってた。
もちろんそこへ行くのはいつも夜中だったから、懐中電灯を持っていって、主にロビーだった場所でダベっていた。

スプリングがキシキシいうけど、一応ソファーがあったから。
大体そこに行くツレは4,5人だった。
悪い連中には格好のスポットだったけど、俺たちの前にいた(高校の)先輩たちが相当ムチャする人たちだったので、他のやつらは寄り付かないという最高の場所だった。

その日も俺含め5人でロビーでダベってた。
小雨がパラパラ降る音がしはじめた時、アホのシロウが
「トイレね?」
と言い出した。

ションベンは普通外の草むらでしてたんだけど、雨が降ってきたから出たくないらしい。
「あのドアの奥になかったっけ?」
と、ツレの一人がロビーの奥の扉を懐中電灯で照らした。

「ああ、でも水でねーぞ」
と言ったが、シロウは
「いいのいいの」
と言って、懐中電灯持って消えていった。

「あったあった」
と、間の抜けた声が小さく聞こえた。

しかし、それから10分たっても20分たっても帰ってこない。
さすがに気になって、一人が
「おい長グソかー?」
と言いながら、奥の扉を開けて入って行った。
そしたら、ちょっとして青い顔で出てきた。

「おい、おらんぞシロウ」

おらん?

「おらんつーか、とにかく見てみろ」
と言うので、全員でドアを開けた。
そこは事務室のような所だった。
二部屋がつながっていたが、トイレがないことはすぐにわかった。
というより、他にどこにも出入り口はなかった。

.

シロウが一本持っていったので懐中電灯が二本しかなかったが、人が入れそうな場所はどこにもないのは明らかだった。
そのあとロッカーとか机の裏とか徹底的に探したのに、結局シロウは見つからなかった。
その状況の異常さに俺たちは真っ青になって、とりあえずこのことは誰にも言わないようにしよう、ということになった。

俺がいうのも何だが、シロウの家はまともな家庭じゃなかったせいか、息子が帰ってこないというのに、捜索願いも出さなかったようだった。
結局、失踪あつかいされたまま、シロウは忽然と姿を消した。
俺たちはもうそのラブホには行かなくなった。

高校卒業したあとも俺はずっとそのことが気になっていた。
消え去ったことよりも、シロウがなぜ「あったあった」と言ったのか。
なぜかそれが無性に怖かった。

何年かして、街でたまたま当時のツレと会った。
サ店で喋っていると、自然にあの事件の話になった。
ツレはあのあと、先輩になぜあのラブホが廃屋になったのか聞かされたという。
ゾクッとした。
客が何人か行方不明になったからだと。
どんな風に消えたのかは分からないが、それだけで十分だった。
ツレはそれを話したあとなぜか俯いて、氷だけになったレモンティーをストローでかき混ぜ続けた。
油汗が浮かんでいたので、
「おい、どうした」
と肩をゆすった。
するとツレは、あの時のシロウが
「トイレね?」
と言ってからの細かい流れを話し始めた。

「俺があの時、シロウが入った扉の一番近くにいたの覚えてるか」

言われるとそうだった気がする。

「俺な、扉が閉じたあとで、小さな声を聞いたんだけどよ」

「あったあった、って言ったやつやな」

ツレは青い顔で頷いて続けた。

「あれな、シロウの声じゃなかった」

数年分の鳥肌が一気に立った気がした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク