シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】信心深いはずの祖母

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

905: 1 2009/01/12 18:25:43 ID:VtlR0krkO
長くなりますので分けます。

祖母は、毎日仏壇に手を合わせてお経をあげるような、信心深い人だ。
参拝に山を登ることもよくあった。
80を過ぎるまで大きな病気もせず、畑仕事に勤しんでいた祖母。

そんな彼女が、脳梗塞で倒れ、一人で座ることもままならなくなったのは
数ヶ月前のことだ。
そして、リハビリが終わり次第、自宅療養に切り替えることが決まった。
自宅療養に向け、家のリフォームも慌ただしく始まった。

私は実家を離れているため、ここから先は母から聞いた話となる。

母は、リフォームついでにと、築50年以上の家の大掃除を始めた。
基本的に大雑把で適当な血筋、しかも田舎でだだっ広い家のため、
母は余りにも壮絶な経験をしたらしい。
ネズミの死骸やら、生きたイモリやらが出てきたり、
十数年も使わずに放置されたトイレの掃除はそうないだろう…。

しかし、それら以上に驚くものを母は発見した。
今はほぼ使われていない棚、その中にあった古びた段ボール。
開けてみると…なんと、位牌が入っていた!!
それも、3つ。今は亡き祖父の父母のものと、水子のものだそうだ。

906: 2 2009/01/12 18:26:16 ID:VtlR0krkO
乱雑に半世紀近く放置されたであろう位牌に仰天した母は、
その日のうちに寺に相談し、とりあえずの措置をとったらしい。
どうやら、障抜き?も行っていないものだったとか…

そこまで話を聞いた私は、信心深いはずの祖母が、何故?と母に尋ねた。
確かに粗野ではあるが、仏様を第一に考える人のはずだ。
そしたら母は苦笑して、
「お義母さんはね、手当たり次第なのよ。」と言った。

仏壇の隣に神棚を置いたり(そう言えばそうだった)、
数種の神社を巡って頂いた本を仏壇の棚にしまったり、
沢山の神様仏様が同居するような部屋を作り上げていた。
そしてそれにお参りはするが、特にずっと大切にするふうでもなく、
ころころと神様仏様の鞍替えをしていた。
であるから、一度供養をしたもの(=位牌)にそんな扱いができたのかと…。

一連の話を聞いて私はぞっとしてしまった。
日本の神様は寛大というが、よくも怒りをこれまで受けなかったものだと…。

そして、半世紀過ぎてようやく弔って貰える曾祖父母に思いを馳せた。
酷い扱いをした祖母ではあるが、あと10年位は見守っていて欲しい。と思う。

あとかーちゃん、本当にお疲れさま…。

長文読んで下さりありがとうございました。

908: 本当にあった怖い名無し 2009/01/12 21:58:09 ID:dIkcnKcn0
>>905
日本の神様は寛大ではないよ。
日本の神様は、まず祟る。
祟りを抑える為に、祀るんだよ。

929: 本当にあった怖い名無し 2009/01/13 07:01:08 ID:okEz0zBx0
>>906
仏様と神様は一緒なんだが。

930: 本当にあった怖い名無し 2009/01/13 07:12:43 ID:mf/GyJ6+O
>>929
釣りか……?

937: 本当にあった怖い名無し 2009/01/13 14:49:50 ID:iHHJyOvdO
>>930
日本の仏教は良い物は取り入れるおおらかさがあったんだよ、分かれたのは明治以降だけど今も神社と寺はどちらでもいいという風潮がある。
寺の敷地内に神社がある所も珍しくないだろ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『【洒落怖】信心深いはずの祖母』へのコメント

  1. 名前:ええええ 投稿日:2017/08/10(木) 04:33:18 ID:7d7168d40 返信

    実家も、仏間(普通にアマテラスが仏の上にある)の他に神部屋あるよ。
    大黒と竜神。山には金毘羅様の社を持ってるらしい。らしいというのは子供がノータッチそ世界だから。そんなにした祖母は30年前に他界して、その頃かずっと「適正に処分しないと・・・」って言ってた両親は80と90。今年、やっと相談の電話を寺にした。寺では筋違いなんで別の専門家を紹介されたようだ。詐欺に会わないといいけど。
    神様を家の中に祭るとか、異常だと思うよ。はっきり言って祟られていると思う。知る限り、金はあるが平和や幸せの無い家だった。祖母の神頼みも、欲が絡んでのことじゃないかと勘ぐっている。神様とか、知識も無いくせに拝むってどうかと思う。