シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】 あまりに生々しい彼の夢

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

903: 本当にあった怖い名無し 2009/01/12 17:46:35 ID:bfjGN+fT0
某掲示板より転載。これって本当に夢なのかな?
******************
年末、あまりに生々しい夢を夢をみました。
夢だったのか、現実だったのか、自分でもよく分からない程に生々しい夢…
数年前、意見の相違から、親友と喧嘩をしてしまいました。
絶縁するほどの大きな喧嘩。
その後、彼とは長い期間、全く連絡を取っておりませんでした。
そんな彼と、短い時間でしたが、再会する機会があり、幸運にも仲直りすることができました(私が、そう思い込んでいるがけか
も…)
ですが、その一週間後、彼は突然、この世から去ってしまいました。
孤独死だったようです。
そんな彼が、去年の24日(月命日)に夢に現れました。
友人と三人で会話していました。
共通の趣味の話題で盛り上がっていたところ友人の一人に、上記の亡くなった友人が
趣味に必要な備品を購入するよう促します。
その後、友人は居なくなり、上記の亡くなった友人と二人だけに。
細かい話の内容は忘れてしまいましたが物凄く記憶に残っている会話と匂いだけは、鮮明に覚えています。
匂いと言うのは、物凄く臭い匂い…。
彼は、僕の異変にき気づき
「臭くてゴメンね。この匂いは死人の匂いなんだ
人間の形をして、この世に来ても、匂いだけは消せないの
すぐ帰るから、少しの時間だけ、申し訳ないけど我慢してくれ」
その後、彼は、僕に向かって 
「君の思っている事は、絶対に現実になるよ
だから、何にも心配することは無い。気長にね」
「もうそろそろ時間が来たみたいだ。あっちに帰らなくちゃいけない。
また、絶対遊びに来るからね。それじゃ。ばいばい」と言って、彼は居なくなりました。
目が覚めた瞬間から、僕は、涙が止まりませんでした。
ホント、今まで、僕のそばに彼が居たような感覚が残っていました。。

.

夢の中の彼の匂いは、1日中、忘れることが無く生々しく鼻先で香り続けました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク