シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】大神様の御札?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

927: 本当にあった怖い名無し 2013/09/30 22:40:07 ID:hHQOVVGr0
私が小学生だった頃。
新潟から、両親と夏休みを利用して沖縄県の実家に帰省したんです。
実家といっても、既に祖父は他界していて、住んでいるのはもう余命いくばくも無いような祖母だけでした。
私の家系は皆、晩婚だったんでねぇ。・・・かなり歳がいってるんですよ。
昔の方言なんかで話も全く聞き取れないんです。

でも久しぶりの飛行機でもって遠出をした訳で、ワクワクして仕方ない。
「どこいこうかなぁ~。何して遊ぼうかなぁ~。・・」

両親は用事があるっていうんで家には祖母しか居ないんです。
お茶菓子なんかは出してくれて、一生懸命私に話しかけてくれるんですが、内容がさっぱりわからない。
適当に相槌なんかは打つんですが、私もとうとう飽きてしまったんです。

930: 本当にあった怖い名無し 2013/09/30 22:50:37 ID:hHQOVVGr0
「ちょっくら庭で遊んでこようかなぁ。・・」
実家は近所じゃ少し名の通ったような家で、屋敷も相当広かったんです。
子供の私には大きすぎるくらいの立派な庭がありまして。

何しろ私も幼かったんで、普通なら喜んで走り回ったりなんかして遊んでるところなんですが、その時はどうも乗り気じゃなかった。
不気味だったんですよ。
祖母の一人暮らしなんで、手入れもされていないし草も生えっぱなし。
日も沈みかかって薄暗い時間帯でしたからねぇ。

933: 本当にあった怖い名無し 2013/09/30 23:04:47 ID:hHQOVVGr0
いつまでじっとしてる訳にもいかないんで、勇気を出して庭を探索しに行きました。
すると、草が生い茂って見えにくかったんですが、よーくみてみると大きな仏像が置いてあった。
「大神之墓」
素通りするのも面白みがないんで、ポッケにあったニッキ飴をお供えして、「そろそろ戻るかな・・・」

居間に戻ると、さっきと同じようにちゃぶ台にはお茶菓子が、その前に祖母が座っていました。
でもなんだか祖母の様子がおかしいんです。
うぅうぅ・・・と呻き声をあげながら、ぬっくと急に立ち上がって祖母はこう叫びました。・・・

「うれシーサー!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

大神様の霊が祖母の体を借りて、私にお礼をしてきたのかもしれませんねぇ。・・

934: 本当にあった怖い名無し 2013/09/30 23:08:45 ID:vcQjWvEc0
なんだよこれ…

935: 本当にあった怖い名無し 2013/09/30 23:10:31 ID:dPo7GAh40
ほっこりした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク