シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【家系の怖い話】はいびょったかり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 32
過去の人気記事

381: 本当にあった怖い名無し 2007/10/22 19:56:03 ID:GjG57BHrP
〝はいびょったかり〟
私の母方の祖母が、母の夫である父を陰で疎ましく思って呼んだ言葉だ。
肺病(結核)にたかられている血筋という意味だ。
父は気管支喘息、私は食道アレルギーで、何れも突発的なムセって激しい咳を出す。
人前で咳を出すと、サッと体を退く人もいる。
父方の祖父は若い頃結核か何かを患い、肋骨を数本取られて手術を受け、
利かない肉体になってしまった。
その祖父の姉も結核で亡くなった。

今はこの世にいない祖父とその姉だが、弟である祖父は今の生家に養子に来ていた。
つまり養子になる前は別の…いや、本当の苗字だったのだ。
その先祖は江戸時代の学者だと父から聞き、虎の門の一画にある寺に
一族の墓があると聞かされていたので訪ねてみた。
■■■■も眠る墓のある寺で、その中に一族の古い墓があるのを発見した。
その一族の名前から、日本史辞典には漏れなく載せられている学者だったと
疑いなく確信させられた。
なぜ、その家系が〝はいびょったかり〟になってしまったのだろうか…。
病名は違えど、祖父も父も私も咳をする。
遺伝子のなせる業も怖いが、どうせなら歴史に名を残すくらいの遺伝子も
有効に働いて欲しかったと思う今日この頃…

.

391: 本当にあった怖い名無し 2007/10/25 19:00:28 ID:gABb7eo10
>>381
肺病系の事をそう呼ぶの、初めて知ったよ。
うちは381さんの御祖父さん状態が父だ。父のお姉さんも結核で亡くなった。
戦争中で栄養が偏ったのが原因、と聞いている。(父は昭和ヒトケタで私は40です。)
私は若い頃、気管支喘息を少しの間患った事もあるし、非常に体が疲れ易く
弱い。でも娘はありがたい事ですが、全くの健康体ではちきれてる。
私が体が弱いのは生まれた頃に父が結核を患っていたから。
ツベルクリンではいつもレントゲン行きで異常なしで帰って来た。
医者曰く体に結核菌が多いらしい。でも結核は患わなかったから娘には
うつらなかった。遺伝ではないですよね。
今まで生きてて余り結核の事で差別受けた思い出はないけれど
場所によってはあるのだなあ、と思いました。381さんもお体を大切にしてくださいね。

392: 381 2007/10/25 22:10:48 ID:iJoXxfUFP
>>391
これはこれは、同世代の方から御親切な返レス。
オカ板という低年齢層ばかりの恥臭い場所にて恐縮です。
貴方様もお体には十分気をつけてくださいませ。

393: 本当にあった怖い名無し 2007/10/25 22:34:30 ID:PsgOwjW70
(´-`).。oO(オカ板は昔から年齢層高めと言われてたよ・・・)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『【家系の怖い話】はいびょったかり』へのコメント

  1. 名前:   投稿日:2017/04/27(木) 11:42:48 ID:efaf42588 返信

    (実の父親の事悪く書くのもアレなんですが‥)
    私は昔から呼吸器が弱くて赤ん坊の頃も「百日ぜきみたいなのになった」とは母の談です。
    風邪引けば咳が止まらず、しょっちゅう病院で注射を射って止めてもらってたし
    今現在もさっきまで喉がガーッとかゆくなって咳き込んでました。

    私の父も私が風邪引いて咳き込んでるのを見て「なんやお前肺びょったれか!?」
    とよく言ってましたっけ。普通レベルだったんですかね、この話といい、昔の人、口悪すぎ。