シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】汽車の運転手がやらされるもう一つの仕事「まぐろ拾い」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

76: 1/2 2010/06/14 15:47:18 ID:INCX93P10
俺の曾ジィちゃんは、国鉄時代 汽車の運転手をやっていた。
生前、そんな曾ジィちゃんからよく聞いた話。

ジィちゃんの仕事は、もちろん汽車の運転なんだけど
どうしてももうひとつやらされる仕事があって
その仕事をやる日はもうイヤでイヤでしょうがなかったそうだ。
要するにまぐろ拾いである。
まぐろ拾いっていうのは、電車による事故(自殺)で
体がばらばらになってしまった人のパーツを拾い集めること。

時代は終戦後で、きたないとかきれいとか、違法合法なんて概念はそっちのけ、
みんな生きるのに必死だった頃。
生きるのがつらくて死を選んでしまう自殺者も、もちろん多かったそうだ。

ジィちゃんは運転手なので、基本的には汽車の先頭車両で、いつも前方を見ていた。
だから、飛び込んでくる人が丸見えなんだ。
飛び込んでくるならまだしも、一番最悪だったのは
線路の上に3、4人(家族)で寝ているのを見てしまったときだとか。

で、線路脇に立って電車を見てる人はいっぱいいるけど、
これから飛び込もうって奴は、どんなに離れていても、顔が見えなくても、すぐわかるんだって。
なんでも、立ってる姿の上に、そいつの目が見えるんだって。
そいつの頭の上に、悲しそうな両目がぼやけて見えるんだって。
飛び込む奴はこういう目をしてるんだ、わかるんだ、って言ってた。

77: 2/2 2010/06/14 15:48:31 ID:INCX93P10
それで曾ジィさんはある日、線路脇に飛び込みそうな奴が見えたから
また目の前で死なれるのがどうしてもどうしてもイヤで、ブレーキを早めにかけたんだって。
予想して、飛び込む前からかけてたんだって。

案の定飛び込んできたその男は、まだまだ若い奴で。
飛びこんだ時に勢いがあったせいか、うまいように飛ばされちゃって
線路脇のくさむらで、のたうちまわってたんだって。

よかった、生きてる!と思った曾ジィさんは、
すぐに汽車をとめて急いでその男のところへ走って行った。

すると、男は
「汽車がとまった、運転手、とめやがったなぁー」
「なんでとめたんですか、なんでとめたんですか、恨みます、恨みますよ…」
って泣きながら叫びまくって、げろを吐いて、
うわごとみたいに運転手(曾じぃちゃん)をすっげぇ責めたんだって。

だから曾じぃちゃんは、バカいうな、死ぬんじゃない、とか色々説教してから
その男を、同僚(国鉄の人なんだろうね)にまかせて、自分はそのまま運転席に戻ったんだって。

そしたらその男、数日後にまた汽車に飛び込んで死んだんだよ。
その男が飛び込んだ汽車っていうのが、
曾ジィちゃんの運転してた汽車の、最後尾車両なんだって。

曾ジィちゃんは、男と知らずにいつも通りそのマグロを拾ってたんだけど
後からそれを知って、あまりに悲しくて腹が立ったそうだ。
あいつ、死に損なった俺の汽車をわざわざ狙ってたんだろうな…だって。
長くてごめんね おわりです

78: 本当にあった怖い名無し 2010/06/14 15:52:57 ID:bhrQqg010
只の自殺した話
なにが怖いのか
3点(100点中)

81: 本当にあった怖い名無し 2010/06/14 17:08:57 ID:INCX93P10
>>78
つまらない話を読ませちゃったみたいで、ごめんね。
100点中3点か…全然だめだめだね。
もう死んじゃったけど、曾ジィちゃんのとっておきの怖い話だったんだけどな。
実際それを見てる人じゃないと、怖く思えないのかもね。俺は怖かったけど。
つまらない話で気分悪くしたなら、謝るよ。

964: 本当にあった怖い名無し 2010/06/30 09:50:13 ID:ggV1rrzJ0
>>81
うちの祖父も国鉄勤めだったが運転士ではなかった。
だからあなたの曽祖父のような、瞬間の目撃はあったかは定かでない。
でも轢死体を拾い集めたり、貨物列車事故で同僚の遺体を
回収したり、仕事とはいえつらい事も多かったようだ。

祖父は健在だけど、そういう部分は語りたがらない。
でも、人死にのあったトンネルの入り口の上に
何度か大きな両目が浮かんでるのを見たとは言ってたよ。

貴重なお話をありがとう。

965: 本当にあった怖い名無し 2010/06/30 11:12:52 ID:QbQEl8Xo0
>>964
81です。レス&読んでくれてありがとう。
今でもそうだと思うけど、轢死体を拾って集めるのは国鉄の人間の仕事だったんだよね。
ただ、あの時代はとにかく多かったと聞いてる。語りたがらないのも分かるわ。
両目が浮かんでるなんてのを見ちゃったりしたら、なおさらかもね。

余談だけど、曾ジィちゃんがよく運転した蒸気機関車が
車両引退後近くの公園に展示された。
(今でも、けっこう立派なケージの中に展示されてます)
でも曾ジィちゃんがそれを見に行ったことはなかったよ。
どこそこに血のりが着いてたとか、
ここにもげた脳が乗っててあぶらがなかなか落ちなかったとか、
そういうのばっかり思い出しちゃうんだって。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク