シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】大阪の某心霊トンネルの中央で車を止め、クラクションを3回鳴らすと何かが起きる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

934: 本当にあった怖い名無し 2008/07/19 17:35:13 ID:saYch0LX0
私的に洒落にならない話を投下

大阪の心霊スポット(よく雑誌に取り上げられている河内長野の某トンネル)
に3日前一人で行ってきた
名前は出していないが恐らく大多数の人が気づいているハズ

そのトンネルの中で
・中央で車を止め、エンジンをストップ
・クラクションを3回鳴らす
という手順をふむと何かが起こると言われている
実際に行ってみたら、とてつもなく怖かった
言葉で表現できない寒気。トンネルが魔物の口のようだった
その現実と隔離されたような世界に俺は車を走らせた
中は暗くて、少し明かりが灯っていたが、心ともなかったのでライトをつけて走った
こういうところでラジオやCDなどをつけるとたいてい声が流れたりするので、車内は無音
入る前は歌っていたのだが、入ってみるとそんな余裕など微塵も無くなった
中央付近に到着し、念のため車を降りて周囲を徘徊
ポチャン、ポチャンという水のしたたり落ちる音がトンネル内を支配していた
ポチャンポチャンザッザポチャンザッザポチャンポチャン・・・
という風に俺の足音と水音がトンネルに響き渡る
不意に背中の中に冷たい感触。驚いて後ろを振り返る。誰もいない
シャツの中の感触からして、振ってくる水が背中の中に入ってきたみたいだった
とりあえず車の中に戻って深呼吸。心を落ち着けて、クラクションを・・・鳴らした
プーップーップーッ
トンネル内をクラクションの音がこだまする
ジトーっとした車内、俺の脂汗と冷や汗はとどまることを知らなかった

何分しただろうか、俺は車の中で寝ていたらしい
あわててエンジンをつけて時計を確認すると、午前1時
トンネルに入ってからもうすでに2時間経過していた
即座に自分の家に車を引き返した。別に何もなかった

この話には続きがある

935: 本当にあった怖い名無し 2008/07/19 17:50:47 ID:saYch0LX0
2日前、そのトンネルで肝試しをしたという友人に会った
その友人曰く、あのトンネルは洒落にならないという
関西弁で喋ったのだが、分かりにくい人もいるだろうから標準語に変換する
「昨日行ってきたが、何もなかったぜ?」
「いや、ならいいんだよ。何もないに越したことはない、越したことはな・・・」
思わせぶりな発言をして、友人は黙り込んだ
俺はその空気を紛らわそうとして、明るく装ってトンネルの話をしてしまった。
今思うとあの発言はその場の空気にそぐわなかった。何故俺はあの話をしてしまったのか
そしてあの話をしなければ何もなかったのではないか、と俺は思ってしまう
「あのトンネルの中、確かに怖かったよな。薄暗くて、水音ばっかでさ」
「水音・・・?」
そういって友人は訝しそうに俺を見た
「冗談言うなよ、あのトンネルの中は真っ暗で水の音もまったくしなかったじゃないか」
「え?何だって?」
何度確認しても二人の意見は食い違った。俺の体験ではトンネル内は少しの明かりと水音で支配されていた
それに対し、友人の体験では数センチ先も見えず、静寂だけがトンネルを支配していた、と
だが行ったトンネルは確かに同じだった。なら俺は一体どこへ行ったんだ?
家に帰って早速車を点検。あのトンネルの中で走ったんだから、何か憑いてそうだった
でも、何も居なかった。友人の話では、後部座席に赤ん坊とか、手形とか、そういうものがあるらしいのだが
部屋に戻ってTVをつける。が、トンネルのことが気になって集中できない
とりあえず横になろうと、布団をしいていた時だ
・・・誰かに見られている
そう確信した。痛いほど視線を感じる。殺気や憎しみを感じない、無表情な視線
それをビシビシと受けて、俺は視線を感じる先―押入れを見た
数センチ開いた先から何かがこちらを見ている。この部屋でそういう体験をしたのは、過去5年で最初だ
スススッと横に移動する。目もこちらを追ってくる
俺は意を決して押入れの前まで走って―開けた

936: 本当にあった怖い名無し 2008/07/19 17:57:36 ID:saYch0LX0
その先は覚えてない。いや、思い出したくないのかもしれない
多分本能が記憶をロックしているんだと思う。思い出したら俺は危ないのかもしれない
それから、俺は視線を感じるようになった
押入れを中心として、カーテンの隙間、ドアの隙間、挙句のはてには布団からも見られていた

このレスをしている間にも、押入れから視線を感じる。振り向いたら目があるから、見たくない
多分「それ」のすべてが俺の目にはいったなら、俺は多分俺じゃなくなる

怖い。助けてほしい。そう思って俺は今ここにいる。昨日は霊能者のところに行こうとしたがやめた
霊能者なんてのを俺は信じてないし、これは逃げられない運命なのかもしれない
まだラップ音とか怪奇現象とか起こってないだけマシだと思う。見られるだけだし
視姦されてると思えばまだ気は楽になる――が
昨日友人に電話したら繋がらなかった。居なくなったのか、俺が外部との接触を遮断されたのか
分からないが、唯一の頼りに友人に電話できないとなると参る。今も電話してみたが繋がらない

ただ一ついえることは、心霊スポットには安易な気持ちでいかない方がいいことだ
できるなら近づかないほうがいい。もし心霊スポットで「視られてる」と感じたら
その目は多分己から離れないと思う。永遠に

946: 934 2008/07/19 20:31:52 ID:saYch0LX0
俺の話を見てくれた人が何人居るかどうか分からないけど
後日談とした形でさっきあった話をしてみる

さっきまで通じなかった友人に電話が繋がった
以下関西弁を標準語に変換
「何で電話でねーんだよ!?」
と俺が一気にまくしたてると
「ごめん」
の一言で黙り込んで、数秒間をおいてから
「今すぐ部屋の写真撮ってメールで送れ」
と言い出した。心なしか声が狼狽していた
その後俺が何を言っても「いいからメールを送れ」と繰り返すので
目がある方向――窓をうつさないように撮って送った
すると一分もたたずに「そこ 出ろ」
というメールが来た。そのメールに添付されていた写真を見てみると
全画面に赤色が広まった。その画像が怖くなり、携帯を放り出して部屋から出たのが7時ぐらい
友人の部屋にいくと、部屋には誰もおらず、テーブルの上にポツンと紙が置いてあった
その紙には、まるで俺がこの部屋に来ることが分かってたように
「今すぐこの部屋から出て向かいのマクドでメシ食ってろ」
と書いてあった。俺はさっきの写真がなぜかとても怖くて、言うとおりにした

.

20分ぐらいしてから、PC(ノートパソコンなのだが)を家に取りに帰りたくなった
携帯はもう触れる気にもならなかったので、部屋の鍵を開け、俯きながらPCのところへ滑り込み
帰ろう、と思った瞬間、目がドアにあることに気づいた
(このまま開けるとやばい)
と一瞬で悟った俺は、PCを大事に抱えたまま2階の部屋から飛び降りた
下は幸いにも草むら・・・というわけでもなく、コンクリートでガチガチに固めてあった
ジーンと電流が走るかのようにしびれる足を引きずって今マクドに居る

部屋の中で物音がした気がするけど気のせい、だよな

947: 934 2008/07/19 20:39:06 ID:saYch0LX0
今思ったんだけど
アクセスポイントと離れてると接続できないんじゃないかな・・・

ならなんでいまおれネットしてんだろ?

956: 934 2008/07/19 22:10:31 ID:saYch0LX0
とりあえず今日は寝ることにする。トリもつけてみた

何度も言うけど視線を感じたら俺の話見ない方がいいよ、絶対

思いついたから書き込んでみる、その某トンネルの怪奇現象の主な例
・女が見える
・赤ん坊が後部座席に
・窓を叩かれる
・車が動かなくなったりする
・運転手の足元に顔や手とかがある
・窓ガラスに手形がびっしり
俺の兄貴は何も起こらなかったらしい。高校んときの塾の先生は
ちょっと友人がおかしくなったとか聞いた
このぐらいか。でも某トンネルのあるダムは結構景色綺麗だったりするんだぜ

950: 本当にあった怖い名無し 2008/07/19 21:24:07 ID:QrELTlIs0
>>934
懐かしいな「クラクション3回」は今でも語り次がれてるのか。
俺も今から7~8年前霊感の糞強い友達含めて何人かで行ったことある。
その霊感の強い友達曰く
トンネル内でクラクション鳴らしてから
悪霊が車内に入ってきてハンドルの下から顔だしてずっとこちらを睨んでたらしく
帰り簡単な除霊か厄除けみたいなのをしてもらい、お守りを貰って帰った。
特にその後変わったことや不幸事もなく今に至るんだけど
あんまり霊に対して神経を逆なでるようなことは至極しないほうがいいみたいだね。

953: 934 2008/07/19 22:06:23 ID:saYch0LX0
>>950
前に兄貴がやってきて何もないって言ってたから言ったんだけど
行かなきゃよかった
とりあえず現状報告だけ

マックでハッピーセット(おもちゃ適当に選んだ)食ってると
友人が到着した
以下関西弁を(ry
「お前が送ってきたメールヤバかったぞ」
来て世間話もそこそこに話を切り出してきた
「ほら、これ見てみ・・・あれ?」
そう言って友人は携帯のボタンを押し出した
何分か弄くっていただろうか。友人はため息をついた
「駄目だ、どっかいっちまった」
そういって友人は携帯をテーブルへ放り出し、俺のジュース(オレンジジュース)を飲みだした
「お前と電話してるときな、なんか誰かに見られてる気がするんだよな。それで昨日の今日だろ?部屋見渡したんだ
それでも誰が見てるってわけでもない。すると俺は気づいた。
 受 話 器 の 奥 か ら 視 て る んだよ、何かが」
俺は身震いした。俺の部屋の「目」が受話器を介して友人を見ていたそうだ
ジーッと無感情、無表情に見ている視線を友人も感じたという
「そんで気になった俺は部屋の写真を送れと言った。それで送られてきたとき、ゾッとしたね
 まず写真の奥から視線を感じる。それだけじゃない、写真にテレビが写ってたろ?
 テレビから見られてると思ったんだが、違った。壁とテレビの 間 から見てるんだよ、それ。だから俺は出ていくよう言った」
言ってから、ポテトを齧りだした。俺も食べたが、もう冷めてフニャフニャだった
「とりあえず俺の部屋に来い。部屋を変えても同じだとは思うが、あそこに居るより多分マシだ」
お言葉に甘えて、俺は友人の部屋に来た。今友人部屋入ってるからその間にカキコ
今のところ視線は感じないが、もうそろそろ「目」が俺を見つけるハズだ。俺は恐らくあいつに憑かれてるだろうし
俺のレスを見ていて視線を感じたならあんまり見ない方がいいかもしれんね

961: 本当にあった怖い名無し 2008/07/19 22:41:37 ID:HWI2U10Y0
>>953
読んでる間中、PCの中からチ~ンチ~ンと音がして煩かったんですけど・・・・

963: 960 2008/07/19 23:33:24 ID:JgSLr+Ob0
そろそろ寝ようと思ってトイレに下りたら(自室は2Fでトイレは1F)、1Fのどっかから、カサカサカサカサ、紙をいじるような音がする。
家人は寝てる。音はけっこうでかい。

つーわけで、>>953、死ぬほどじゃないが洒落にならない経験させてくれてアリガ㌧w
数珠持って寝るわ。

あ。また足音がしたなwww

976: 本当にあった怖い名無し 2008/07/20 18:51:08 ID:GBc50HnyO
>>934の部屋に居るであろうモノは何とかすべきでは…
つーか、滝畑ってガセかと思ってたわ。。

968: 本当にあった怖い名無し 2008/07/20 04:06:31 ID:9P8ijmX10
>>936
見られてたって良いじゃないか、人間だもの。

974: 934 2008/07/20 18:04:46 ID:VuovCs5q0
>>968ですよねーと言いたいが目が見えるので怖くて仕方ない
何か色々起こってるみたいだけど一概に俺の話を見たからとは言えないよね
うん、何も起こらないに越したことはないさ

現在進行形なんだけど後日談という形でここで書かせてもらえないだろうか
このスレ住民なら共感してもらえるような気がして

進展はあまり無いんだが友人との音信不通について聞いてみた
友人ではどこか具体性がないので友人をこれからGと呼ぶ
「何で電話に出なかったんだ」
と俺が詰め寄った途端、Gはキョトンとした
「昨日もおかしいと思ったんだが、お前何言ってるんだ。電話なんてかかってこなかったぞ」
まるでわけが分からない。試しに電話をかけると――かかった
なら何故昨日あの時だけかかったのか
思い出すと、もう一つ気になることがある。Gはどこへ行っていたのか
それを問い詰めると、Gはあっさりと
「例のトンネルに行っていた」
と言った。俺はそのトンネルを少し思い出して、ヒヤリとした
俺との話の合一があまりに一致しなかった為、もう一度確かめに行ったという
「で、どうだったわけ?」
「行けなかった」
つまりは、こういうことだ
確かめに行ったGはどうしてもトンネルに辿り着けなかった
実際そこには四つのトンネルが存在するのだが、目的のトンネルには前行ったルートで行っても
辿り着けなかったという
「前にああいうこともあったし、おかしいっちゃおかしいんだがどこか自然なんだよな」
とGは一人合点したように頷いた

なんかGが霊能者のところに行こうとか言い出し始めたがそんなところに行く気はさらさらねーや

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク