シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】私の家にはオカルトな話など無いと思ってたけど、さっきおばあちゃんから面白い話を聞いたよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

342: 本当にあった怖い名無し 2008/04/18 18:08:33 ID:KuOuyFEE0
私の家にはオカルトな話など無いと思ってたけど、さっきおばあちゃんから面白い話を聞いた。

私の家には昔から三角錐形の30cm位の石がまつってあった。
それはおばあちゃんが嫁に来た時には既にあったらしいので、85、6年もあることになる。

かつてこの家の当主、つまり私の曾おじいさんだが、原因不明の病に臥せっていたそうだ。
夜になると苦しくて寝られなくて、昔だから「狐憑き」とかいってあちこち祈祷師を探して歩いて、
ある近所のイタコに見てもらったらしい。
(ここは青森だが、恐山じゃなくてもイタコはいっぱいいたらしい。流行り神さまとかいって)
そしたら「家の庭にある、オンコ(イチイ)の樹の根元に三角の石が埋まってるから、掘って拝みなさい」
ズバリだったそうだ。(コールドリーディングってレベルじゃねー!本物だ!と興奮した)
氷山の一角よろしく先っぽが出ていたらしい。昔ここは桑畑でこんなでかい石があるのは不自然。
果たして爺さんの病気は徐々に良くなったそうだ。

婆ちゃん「そういえば昔石集めが好きだった曾じいさんが「かっこいいから」って三角の石勝手に持って帰ってきたなあ・・・・」
・・・・ズコー  なんだ自然にオカルトパワーで沸いて出たんじゃないのか・・・
私の中でオカルト度がダウンした瞬間だった・・・・。イタコはすごいけど

その後、例の石の裏側を何気なく見たら、「⑩円二枚挟まってる」
でも手にとって見ると⑩円でなくて一銭だった。大正8年と11年。
今生きてる爺さん(つまり病気だった曾爺さんの息子)と、その弟の生まれたとしだ。
これは偶然?でも意味が分からないw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク