シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】母さんの第六感

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

31: 本当にあった怖い名無し 2008/03/31 16:51:02 ID:rGaEo6f5O
投稿してみる。
興味なければスルーしてやって。

これは母さんから聞いた話。
文芸部だってのに文才がまったくないのは勘弁してくれ。

俺の母さんは昔から、ある一定期間、急に第六感が強くなる時がある。
七年前も例に漏れず、

「地震、来るよ」

と言ったらマジで三日後に震度5弱が来てビビった覚えがある。

でも今回は、それだけで終わってくれなかったらしい。
母さん自身、これは子供(俺と弟)に聞かせたらまずいと思って最近まで口を閉ざしていたそうだ。
そんな母さんの、洒落にならん怖い話。

33: 本当にあった怖い名無し 2008/03/31 16:55:29 ID:rGaEo6f5O

それはいきなりだった。

『鏡や死角が妙に気になる』

それに変な現象は母さんのみに限らず、俺の弟にまで及んでいた。

「かいだんこわいー!」

二階に行ったかと思ったら、幼い弟が泣きながら帰ってくる。
一回だけでなく、何回も。
思えば幼い弟だからこそ、何かの異常を感じ取っていたかもしれない。

母さんは少し不気味に思いながら、その日も眠りについたという。
その晩、やけに自分の枕元にある窓から嫌な感じはしたが、暑いから開けたままで。

暑苦しい。
そう感じて、夜中に目を覚ました。
傍らで眠る子供ら(勿論餓鬼の俺と弟)はぐっすり眠っている。
布団を少し直して、自分は飲み物を飲みに行こうとした、その瞬間。

「ヴァ”ァ”ァ”アアア”」
「ギャ”ァァア”ア”ア」

断末魔なんて聞いたことないけど、断末魔ってこれじゃないか。
そんな恐ろしい声が窓から入りこんだ。
あの、嫌な感じのした窓から…。

32: 本当にあった怖い名無し 2008/03/31 16:53:31 ID:rGaEo6f5O
「どうよ、聞かん方がよかったろ?」
「んー…まぁ、ぼちぼち」
「あのあと全身金縛り。こりゃ流石にやばいー思ったけどねぇ」

すでに洒落怖のシリーズ物を読破した俺には多少この話の方がマシに聞こえた。

しかし、これには後日談がある。
うちの家が建ってる土地は、戦国時代の武将、●臣氏が四国平定の為に皆殺しを敢行した土地だった。
もしかしたらあの断末魔、無実を訴える亡くなった人達の声かもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク