シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】小川で一枚のYシャツを拾った

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

876: 1 2013/06/14(金) 11:53:25.14 ID:Rtk/U+QB0
日本がまだまだ貧しかった、昭和31年の話。
東京E区に住んでいたA子さんが近所の小川で、1枚のワイシャツを拾った。
ちょっとした汚れはあったけど、洗えば落ちそうだし、綺麗にして父親にあげようと
彼女はそれを持ち帰った。今なら考えられない事だけど、当時の庶民の生活水準から
すれば、わりと当然の感覚だったらしい。

出典: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?312

その日の夜、近所にお使いを頼まれたA子さんは、とある田んぼ道を歩いていた。
当時は家も建てこんでいなかったし、ぽつんぽつんと設置された街灯の頼りない光で、
周囲の様子がぼんやりとわかる程度。
その薄闇の中、ふとある光景がA子さんの目に飛び込んできた。

877: 2 2013/06/14(金) 11:56:16.07 ID:Rtk/U+QB0
ごそごそと動く黒い塊。
よく見ると一人の男が道端にかがみこんで、何かを懸命に探している。
視界の効かない夜の田んぼで、明かりも持たずに探し物…?
薄気味悪く思ったA子さんがそっと引き返そうとした時、男が突然振り向いて言った。
「ワイシャツを返してくれ…」
A子さんは悲鳴を上げ、必死で家に向かって走り出した。
ワイシャツ!?昼間拾った、あのワイシャツの事だろうか。そうに違いない。
でもどうしてあの男は、自分がワイシャツを拾った事を知っているのだろう。
まだ誰にも話していないのに。

878: 3 2013/06/14(金) 11:58:45.97 ID:Rtk/U+QB0
命からがら何とか逃げ帰ったA子さんは、父親に事の次第を打ち明けた。
田んぼで探し物をしていた男が、たとえ生きた人間にしろ話は尋常ではない。
結局翌朝を待って、A子さんは父親に付き添われ、近所の警察にワイシャツを届け出た。

しばらくして、強盗殺人犯が逮捕された。
逮捕の決め手になったのは、A子さんが拾ったあのワイシャツだった。
あのワイシャツは、殺人犯が捨てた被害者のワイシャツだったのだ。
付いていた汚れは、被害者の血液だった。

879: 4 2013/06/14(金) 12:01:40.86 ID:Rtk/U+QB0
あの時A子さんが田んぼで見た男が、現場に舞い戻った犯人だったのか、被害者の霊
だったのかはわからない。ただ、A子さんは幽霊だったと信じている。
そして、A子さんの届け出たワイシャツが有力な物証となり、逮捕に結びついたというのは、
担当の刑事が事件解決の打ち上げ式の席上で、新聞記者に語った紛れもない事実だった。

880: 本当にあった怖い名無し 2013/06/14(金) 13:16:21.88 ID:4Np6qawE0
被害者のワイシャツがどうやったら事件の決定的な物証になるんだ?
加害者のワイシャツに被害者の血痕が、とかなら分かるが。

882: 本当にあった怖い名無し 2013/06/14(金) 13:30:53.89 ID:PTA6HUb00
刃物での殺人の場合加害者も傷を負う場合があるらしいから
被害者のシャツに加害者の血がついたなら処分するのも
分かるけど、被害者のシャツに被害者の血なら、当たり前すぎて
わざわざ脱がして捨てる意味がまるでない。

883: 本当にあった怖い名無し 2013/06/14(金) 13:37:29.37 ID:Qg5tyZQc0
ワイシャツのボタンが容疑者の部屋にあったとか
まあ色々考えられないこともない

884: 本当にあった怖い名無し 2013/06/14(金) 14:12:55.55 ID:Rtk/U+QB0
書いといてなんだがおいらも詳しい事はわかんね。
事件について調べたい人は「内外タイムス」のバックナンバー調べておくれ。

886: 本当にあった怖い名無し 2013/06/14(金) 14:22:27.10 ID:pKnS9Yj/0
本当の現場がそこだったとかじゃないの

887: 本当にあった怖い名無し 2013/06/14(金) 14:27:26.10 ID:Rtk/U+QB0
ネタにした本によると、殺人現場がA子さんが幽霊かもしれない男を目撃した
田んぼ道の近くだったらしい。そこまで書けばよかったな。
いざ書いてみるとなかなか難しいなこういうの。後だしすまん。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク